« 美術:「原三溪と美術-蒐集家三溪の旧蔵品」展 | トップページ | 路上観察:横浜の酉の市(2009年11月25日) »

2009年11月24日 (火)

路上観察:横浜野毛山公園から山下公園へ(2009年11月23日)

 自宅を出て自宅に戻る正味3時間半ほどの散歩をしました。経由地は、野毛山公園、黄金町スタジオ、長谷川伸生誕の地碑、伊勢佐木町旧野沢松坂屋、ベイスターズ通り、日本大通り、山下公園、みなとみらい21地区です。多少マニアックな所に足を踏み込んでいるかな。
 一般的にはJR桜木町駅あるいは京浜急行日の出町駅を起点・終点にすれば良いでしょう。

 

 野毛山公園の中村汀女句碑には「蕗のたう おもいおもいの 夕汽笛」が刻まれています。昭和5年から4年間ほど横浜に住んでいたようです。視線を句碑から180度回すとランドマークタワーが。
001 002 003

 
 
 
 

 すぐそばにラジオ塔があります。 ラジオ塔とは何か、解説を丸写ししておきます。
 「このラジオ塔はラジオの聴取契約者が百万人を超えた記念に日本放送協会が昭和七年に全国の著名な公園や広場に建てる計画がすすめられ昭和七年度から昭和八年度中に四十一カ所が完成してその中に野毛山公園も選ばれ建塔されたものです。/正式名 公 衆用聴取施設/全高 三メートル/建塔 昭和七年十一月十九日」。今思えば想像を絶する出来事ですね。
004

 
 
 
 

 少し歩けば野毛山動物園正面、少し歩くと横浜市水道局野毛山排水地。私もこの配水地を経由した水を飲んでいます。近代水道は横浜に始まりますが、傍らに近代水道の父、H.S.パーマーの像があります。
005 006 007

 
 
 
 

 このあたりは小高い丘の頂上部になりますが、東向きの眺望の中央の電波塔が目に付きます。間近で銘板を探せば「ラジオ関東開局の地」と刻まれています。現「RFラジオ日本」の前進で、昔はここに局舎がありましたが、現在は「野毛山無線基地」のようです。
008 009010 

 

 

 東南の方向に下っていくと京浜急行黄金町駅付近。久しぶりに黄金町スタディオに寄りましたが、一部屋で制作していましたが、他はひっそりしていました。

 目の前の大岡川に沿って下っていくと、京浜急行日之出町駅至近に、「長谷川伸生誕の地」碑があります。「ご恩になった姉さんに/せめて見てもらう駒形の/しがねえ姿の土俵入りでござんす」と、一本刀土俵入りの一節が刻まれています。

011 012

 

 

 

 伊勢佐木町通りに入って旧野沢松坂屋の工事用壁に描かれた「ゆず」。

013

 

 

 

 横浜市庁前のベイスターズ通りに入ってすぐに優勝記念モニュメント。もう10年以上前だよ、新しいのつくりたいね。って、どこのファンでもないですけど。

014 015 016

 
 
 
 

 この後、日本大通り、山下公園、みなとみらい21地区を経由して自宅に戻りました。B・C級横浜名所ですが、興味ありましたら辿ってみて下さい。興味ないって。写真だけでも見て下さい。

| |

« 美術:「原三溪と美術-蒐集家三溪の旧蔵品」展 | トップページ | 路上観察:横浜の酉の市(2009年11月25日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:横浜野毛山公園から山下公園へ(2009年11月23日):

« 美術:「原三溪と美術-蒐集家三溪の旧蔵品」展 | トップページ | 路上観察:横浜の酉の市(2009年11月25日) »