« 路上観察:横浜オクトーバフェスト2009 in 赤レンガ倉庫 | トップページ | 講演:越後妻有アートトリエンナーレの報告(後半) »

2009年10月15日 (木)

講演:越後妻有アートトリエンナーレの報告(前半)

 表題の報告会を聴講しました。2時間半、休憩無しに続きました。聴講者は30名ぐらい、地域のイベントに関係しているような方も少なからず居たようです。冒頭、越後妻有に行ったことのある方はおりますかと確認しましたが、大半の方が行ったことあるようでした。

 木村は、彦坂尚嘉の近くで見聞きしたことを中心にした話題でした。制作者と鑑賞者のインターフェイスの役割を担っているようです。
 清水は、越後妻有の第1回から制作側の立場で関わって来たようですが、第1回の準備段階からの経緯を概観しました。

 前半・後半の2回で概要をまとめます。なおインターネットを利用した映像投影も多かったので、私が調べた参考リンクを追記しました。異同があるとは思いますが参考まで。

 

   タイトル  TAEZ! のトリエンナーレ学校第1回
         大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレの報告

   報告者   清水玲(美術家)
         木村静(メディアアーティスト)

   会場    ZAIM本館1階 交流サロン
   開催日   2009年10月10日 14時00分~16時30分

 

1.木村報告

 女性。氏のブログから略歴を以下に転載。メディアアーティスト。フリーアナウンサー。ボイストレーナー。音声・映像・紙などさまざまな媒体での情報発信の企画・制作に関わる。活動テーマは、メディアによる市民コミュニケーション網の構築。

 今は東京在住、今後横浜に拠点を移す予定。それ以前は北海道に住んでいた。会期末近くの横浜トリエンナーレに来場、カッコいいと思った。越後妻有トリエンナーレは10日間ほど訪れた。「開会式、ツアー映像(*2)」。なぜか取材に同行したくなった。きっかけは横浜トリエンナーレかも知れない。もっと芸術に親しみたいと思った。

 「彦坂尚彦(*3)」は70年代頃から自宅でラテックスを塗るような作品を制作していた。「越後妻有の制作風景(*2)」。自分の足許を見つめるために2回目から田麦集落に住民票(戸籍と言っていたが)を移した。地元産品によるトマト蕎麦(筆者も食した)なども販売した。地元サポータの入れ替わりは激しい。「沸騰する床(*4)」。大テーマは、派遣切りなどから間引きした樹に繋がっていった。捨てられてしまうものの再利用。制作時映像を多くの人に見てもらいたい。

 開会式は十日町ステージの「越後妻有交流館・キナーレ(*5)で行われた。建築とアートの接点を探索することが目的の3泊4日のツアーに参加した。ガイドブックに載っていない面白いものを探した。「スネークパス:グラハム(*6)」予告編。見て映像をUPする。初めての経験だった。「十日町駅名品ツアー(*2)」。思ったより沢山の人に見てもらえたのが楽しい。「建具ノイエ:山本惣太郎(*7)」。

 毎晩、「(建築系?)ラジオ(*8)」用にテープを編集した。ガイドブックに掲載した作品が未完となった「こたつの問題(*9)」など、いろいろな議論が起こっていることを紹介した。

 越後妻有には初めて行った。自然の中のアートが面白かった。「三省ハウス(*10)」にも泊まった。短期間の訪問では判らないことが、ボランティアに携わることで何か判ったような気になった。「ARTSCAPE(*11)」、「彦坂作品(*12)」。

  *1 木村静   :http://channelp.exblog.jp/
  *2 名品ツアー :http://video.mapion.co.jp/search?kw=%E6%9C%A8%E6%9D%91%E9%9D%99
  *3 彦坂尚嘉  :http://hikosaka.blog.so-net.ne.jp/
  *4 沸騰する床 :
  *5 キナーレ  :http://www.echigo-tsumari.jp/art/059.html
  *6 スネークパス:http://hikosaka2.blog.so-net.ne.jp/2009-07-30
  *7 建具ノイエ :http://sustena.exblog.jp/12325017/
    *8 建築系ラジオ:http://tenplusone.inax.co.jp/radio/
  *9 こたつ問題 :http://search.twitter.com/search?q=%23kotatsu
  *10 三省ハウス :http://www.tsumari-artfield.com/sansyo/
  *11 ARTSCAPE  :http://artscape.jp/study/npo/1209088_2185.html
  *12 彦坂作品  :http://channelp.exblog.jp/10872296/

 

| |

« 路上観察:横浜オクトーバフェスト2009 in 赤レンガ倉庫 | トップページ | 講演:越後妻有アートトリエンナーレの報告(後半) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講演:越後妻有アートトリエンナーレの報告(前半):

« 路上観察:横浜オクトーバフェスト2009 in 赤レンガ倉庫 | トップページ | 講演:越後妻有アートトリエンナーレの報告(後半) »