« 路上観察:横浜市八聖殿郷土資料館(2009年7月13日) | トップページ | 常識って!? 脳死は人の死か、死へのプロセス »

2009年7月14日 (火)

常識って!? 脳死は人の死か、改正臓器移植法A案成立

 国会議員の何人がドナーカードを持つだろうか。プライバシだから強制されて公表すべきとは思っていなかった。

 衆議院に続いて参議院も改正臓器移植法A案を可決した。「脳死は人の死」と考える国会議員が多数いた。死生観を変えることに一票を投じた国会議員が多数いたという事実。

 現行臓器移植法は1997年10月に施行された。以来、脳死からの臓器提供は81例にとどまるとのこと。この間、「脳死は人の死」との死生観の変化をどれだけ浸透させようとしたか。ほとんどなかったように私は思う。

 報道によれば、「改正臓器移植法A案が過半数の支持を集めたのは、衆院解散・総選挙も絡んで政局の流動化が予想されることから、今国会での改正実現を優先する議員心理が働いたものとみられる」との推測もある。事実とすれば許さることでない。

 これほどあっさりと、私にはそう見えるが、改正臓器移植法A案が可決されるとは思わなかった。これほど毅然たる結論を導けるならば、公人たる国会議員はドナーカードを持つか否か自ら公表して良いのではないか。自らの確固たる死生観のもとに賛否を示したことの証として。

|

« 路上観察:横浜市八聖殿郷土資料館(2009年7月13日) | トップページ | 常識って!? 脳死は人の死か、死へのプロセス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常識って!? 脳死は人の死か、改正臓器移植法A案成立:

» 改正臓器移植法 a案 [nwes取り扱い所]
臓器移植法改正について 臓器移植法改正について本日、衆議院で可決された臓器移植法の大幅な改正案を皆様はどのようにお考えでしょうか?私は、日本における臓器提供を求める患者たちが日本で臓器提供を受ける機会が広がったということで良いことなのではと思います。現段階における日本での臓器提供を断られた患者(特に臓器提供の年齢制限によって手術を断られた子どもたち)の海外渡航をしての手術件数の少なさからもそれが窺えます。脳死を一律として人の死と受け入れる欧米型の考え方への急な移行は疑問な気もしますが・・・皆様は臓... [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 06時07分

« 路上観察:横浜市八聖殿郷土資料館(2009年7月13日) | トップページ | 常識って!? 脳死は人の死か、死へのプロセス »