« 音楽:F.J.ハイドン「オラトリオ・天地創造」 | トップページ | 白想:Web版「変様する港街から」準備中 »

2009年2月12日 (木)

美術:神奈川県立歴史博物館「アジアとヨーロッパの肖像」展

  会期    2009年2月7日(土)~3月29日(日)
  開館時間  午前9時30分~午後5時、
        毎週金曜日午前9時30分~午後8時、
        入館は閉館の30分前まで
  休館日   月曜日
  入場料金  一般 800円(アジアとヨーロッパの肖像展のみ)
  鑑賞日   2009年2月7日
  公式HP  http://ch.kanagawa-museum.jp/

 

 華々しさはありません。しかし、なかなか興味深い展覧会でした。作品は、人間を絵画・彫刻・写真・メダルなど様々な手法で表現したものです。すなわち広い意味の肖像。

 私の視線は、それらを美術品として捉えようとします。しかし、古い作品には実用的な雰囲気を漂わせるものも少なくありません。作品が生まれた時、遠い異国に、後の世代に、自分たちのことを伝える意図も込められていたように思えます。

 今風に表現すれば肖像作品による情報発信です。当時の風俗や異国の人たちの捉え方、私はそこから何らかのメッセージを探そうとします。謎解きのような面白さが感じられました。

 この展覧会は、アジアとヨーロッパ18カ国の博物館・美術館ネットワークの第1回国際巡回展です。神奈川県では、県立歴史博物館と県立近代美術館葉山で同時開催となります。ですから、半分ほどを観たに過ぎません。早い機会に残り半分を観るつもりです。追って詳しい感想を。

| |

« 音楽:F.J.ハイドン「オラトリオ・天地創造」 | トップページ | 白想:Web版「変様する港街から」準備中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術:神奈川県立歴史博物館「アジアとヨーロッパの肖像」展:

« 音楽:F.J.ハイドン「オラトリオ・天地創造」 | トップページ | 白想:Web版「変様する港街から」準備中 »