« 読書:最近の読書から(2009年1月後半) | トップページ | 美術:神奈川県立歴史博物館「アジアとヨーロッパの肖像」展 »

2009年2月 8日 (日)

音楽:F.J.ハイドン「オラトリオ・天地創造」

  指揮    フランス・ブリュッヘン
  管弦楽   新日本フィルハーモニー交響楽団

  ソリスト  天使ガブリエル、イブ  マリン・ハルテリウス(ソプラノ)
        天使ウリエル      ジョン・マーク・エインズリー(テナー)
        天使ラファエル、アダム デイビィッド・ウィルソン-ジョンソン(バリトン)
  合唱    栗友会合唱団
  合唱指揮  栗山文昭
  チェンバロ 渡辺順生

  会場    すみだトリフォニーホール
  公演    2008年2月6・7日(終了)
  鑑賞    2008年2月7日15時~17時15分(休憩20分)(1階26列6番)

 

 天地創造という劇的なテーマの演奏にもかかわらず淡々と聴いていました。このように書けばどうも否定的な響きになりそうですが、決してそうではありません。終始、緊張感を切らすことなく、演奏に惹きつけられました。

 オーケストラ、独唱、二重唱、三重唱、合唱がうまく組み合わされて、天地創造の7日間を物語たります。それが小気味良く繋がるのです。鈍重と感じる部分はありませんでした。決して華々しくはないのですが、プロフェッショナルだなと感じさせます。

 ソリストはいずれも魅力的でした、特にバリトン。合唱は混声、ざっと数えると男50人・女70人の大合唱団でしたが、演奏をがっしりと支えていました。合唱が良くなくて全体が良いことなんて有り得ませんから。

 オーケストラは2管編成で、第1・第2バイオリンが対向配置。指揮者の前にフォルテピアノが、それに直角にチェンバロがおかれて一人の奏者が持ち替え(とは言わないか)で演奏します。多少少なめの編成ですが、オペラを除けばモダン楽器のフルオーケストラを聴くのは随分久しぶり。久しぶりとは10年か、20年か。昔の記憶も明確でないし、演奏技術に詳しくもありません。それでも何か随分と洗練されているとの印象を抱きました。

 ブリュッヘン、椅子に座っての指揮でした。体の向きを大きく変えることもなく動作も小さめで、体の影から時々手がはみ出るような感じでした。弦楽器がノンビブラートであることは見ていてわかりますが、他も彼の信念が貫かれているのでしょう。ブリュッヘンに惹かれて足を向けたようなものですが、出かけた甲斐がありました。素晴らしい演奏でした。

 ブリュッヘン・新日本フィルハーモニーによるロンドンセットの演奏会が2月中に4回残っています。一度くらいは出かけたい気持ちになりました。

 ささやかな要望を。対訳歌詞はプロジェクトして頂くように。
 対訳の歌詞を印刷したリーフレットが配布されたのですが、それをめくる音が耳につきました。A4半分の出演者一覧の配布とともに素晴らしいサービスだとは思いましたが。

| |

« 読書:最近の読書から(2009年1月後半) | トップページ | 美術:神奈川県立歴史博物館「アジアとヨーロッパの肖像」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽:F.J.ハイドン「オラトリオ・天地創造」:

» アダムエロペのショップ [アダムエロペのショップ]
アダムエロペのコンセプトやショップのライナップに満足しているだろうか。レディースかつメンズに力を入れるアダム・エ・ロペにせまる。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 8日 (日) 15時06分

« 読書:最近の読書から(2009年1月後半) | トップページ | 美術:神奈川県立歴史博物館「アジアとヨーロッパの肖像」展 »