« 音楽:G.F.ヘンデル「ユダス・マカウベス」 | トップページ | 読書:最近の読書から(2008年11月) »

2008年12月13日 (土)

白想:かぎろいを観る会(2008年12月13日)

 数日前、新聞と雑誌で「かぎろひを観る会」の案内を見かけました。

 諸説あるようですが、「かぎろひとは、冬のよく晴れた日の日の出1時間ほど前に見られる最初の陽光」との定義を良く見かけます。もちろん、柿本人麻呂の次の歌、宇宙の営みに思い至る壮大な歌により知られるところです。

 「ひむがしの野に かぎろひの立つみえて
       かえりみすれば 月かたぶきぬ」

 この歌の読まれた場所は奈良県大宇陀町阿騎野、時期は持統6年(西暦692年)旧暦11月17日と推定されています。天文学の知識に状況を当てはめると、計算で求まるようです。旧暦11月17日、今年は12月14日にあたるそうです。明朝ですね。多くの方がその瞬間を待つようですが、晴れると良いですね。

 阿騎野、今でも不便なところと思います。しかも日の出前だから、頼りは自動車だけ。旅行者にはつらい条件ですが、一度は出かけたいと心の隅で思っています。でも、今年は無理。

 人麻呂の歌に感化されてこの地を始めて訪れたのは40年にややかけるほどの前のことでした。何もありませんでした。
 10年ほど前の再訪では、人麻呂公園として整備されていて見違えるほどの思いをしました。

 

 春には、阿騎野の近くにある又兵衛桜を観たい。秋には、少し離れますが曽爾高原のススキ原をまた歩きたい。思うばかりで何も実現しませんが、そろそろのんびり過ごせる時が近いように思います。後は体力と気力を衰えさせないこと、健康的な社会であること。ささやかな楽しみ実現のために。

 

付記:
 又兵衛桜は「ブログ・椎茸さんの春夏秋冬」にリンクしました。よく拝見するブログで、写真も上手ですし、何より被写体に私の興味が惹かれます。コメントを受け付けていないようなので、ここに付記して感謝の意を表します。現在のトップは「石光寺の寒ぼたん」、旅心を誘われます。

| |

« 音楽:G.F.ヘンデル「ユダス・マカウベス」 | トップページ | 読書:最近の読書から(2008年11月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白想:かぎろいを観る会(2008年12月13日):

« 音楽:G.F.ヘンデル「ユダス・マカウベス」 | トップページ | 読書:最近の読書から(2008年11月) »