« シンポジューム:舞台は劇場を飛び出す(その2)(長文) | トップページ | 美術:兵庫県立美術館・ブラジル×日本|旅が結ぶアート »

2008年11月 2日 (日)

路上観察:小倉駅前は早くも・・・(2008年10月30日)

 21時過ぎ小倉駅到着、ホテルに向って駅構内を通り抜けました。そこで見かけたのは、イルミネーションの据付工事でした。完成しているか否かは定かでありませんが、既に試験点灯されていました。X'mas、年末・年始の準備、何かあせりますね。先だって年が変わったばかりのように思えるのに。

2 1

| |

« シンポジューム:舞台は劇場を飛び出す(その2)(長文) | トップページ | 美術:兵庫県立美術館・ブラジル×日本|旅が結ぶアート »

コメント

イルミネーションの季節になりましたね。
東京もあちらこちらで点灯式が行われているようです。
もうすぐ今年も終わりだと言われているようで、ホント、焦ります。
気持ちだけ焦っても仕方ないんですけどね……。

投稿: strauss | 2008年11月 8日 (土) 09時05分

 もうちょっと待ってくれといいたいところです。まだ11月初めですから。
 昨夜は名古屋泊でした。駅前のイルミネーションが一昨日の7日から点灯しているので、早速カメラに収めました。出先で処理できないので後日掲載予定。小さなストーリーがありそうな動きのあるイルミネーションです。
 先日、「演劇・市電うどん」を見ましたが、市電に色電球を飾り付けた花電車が、何かの折に走ったものです。それににわくわくしたことを思えば、隔世の思いがしました。技術の進歩に。技術だけでもないですが

投稿: F3 | 2008年11月 9日 (日) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:小倉駅前は早くも・・・(2008年10月30日):

« シンポジューム:舞台は劇場を飛び出す(その2)(長文) | トップページ | 美術:兵庫県立美術館・ブラジル×日本|旅が結ぶアート »