« 読書:最近の読書から(2008年4月) | トップページ | 路上観察:下関から門司へ »

2008年5月 7日 (水)

路上観察:半田運河

1_2  「粋な黒兵衛、神輿の松」と、訳も判らずに思った時期もありました。正しくは「粋な黒塀、見越しの松」でしょう。古い歌の一節にありますが、横浜でそのような風景を見ることはありません。しかし、知多半田から知多武豊近辺では良く目にします。必ずしも古い家だけでなく、新しい家もあります。なぜなのか、その理由を知りたいと以前から思っています。


2  半田とは愛知県知多半田市のこと。名古屋から知多半島東岸を走る名鉄河和線特急で30分ほど南下した辺り。知多武豊はもう少し南下。ここらから西に向かうと、半島の西岸に中部国際空港があります。昔から仕事で知多武豊は良く行き来し、2年間の単身赴任の経験もあります。随分と開けたと思いますが、まだまだ田園風景も多く残る良いところです。


3  最近、宿泊する必要がある場合は名鉄知多半田駅そばのCホテル。耐震強度不足で新築のホテルを壊して建て直したと言えば、あれかと思い浮かぶ方もおられるでしょう。ちょっと横道にそれました。元に戻しましょう。

 この近辺でもう一つ目にするのが醸造業。味噌・醤油・酢・日本酒をつくる店や工場。半田でつくられる日本酒は「国盛」が有名、酢ならば「ミツカン」は全国区の銘柄でしょう。


4  知多半田駅から東に10分ほど歩くと半田運河に突き当たります。運河だけ見れば何の変哲もありません。しかし、その両側にミツカン酢の貯蔵倉が棟を並べていて、何とも風情のある風景が広がります。一角に「酢の博物館」があります。一時間ほどで案内してくれるそうですが、私はまだ中に入ったことがありません。この辺りを歩くとほのかに酢の香りが漂ってきます。少しづつ育っているのでしょうか。おりしも5月。鯉幟もゆうゆうと泳いでいます。


5  近所には「童話・ごんぎつね」の作者・新美南吉記念館もあります。あるいは、岬の先端まで足を延ばして篠島、日間賀島に渡るのも良いでしょう。名古屋近辺からは1日の行楽コースになりそうです。何かの折に立ち寄っては如何でしょうか。私もいずれ見学するつもりです。

 写真上から、途中で見かけた黒塀・見越しの松の素敵なお宅、酢の博物館、運河風景1、運河風景2(鮮やかにおなじみのマーク)、運河風景3(反対岸)

| |

« 読書:最近の読書から(2008年4月) | トップページ | 路上観察:下関から門司へ »

コメント

愛知という所に乗り換え以外で降りたことがありません。
一度は訪ねたいと思っています。
「見越しの松」の由来は興味があります。
わかったら教えて下さい。

私の読書とずいぶん趣が違うなぁと前回の記事を拝読しました。
「貧困大国アメリカ」は読んでみようと思います。娘が住んでいることもありますが、アメリカの今は日本の五年後の姿と言われてますものね。

投稿: strauss | 2008年5月11日 (日) 17時12分

 Strauusさん、こんにちわ。
 仕事の合間を縫って路上観察を楽しんでいます。中部空港は常滑市の沖合いにありますが、その常滑は焼き物の町です。昔とは随分変わったのでしょうが、歩を進めるに従って変わる光景が楽しいです。常滑には「銘酒ねのひ」の盛田酒造があります。井深大とともにソニー創業者の一人である盛田昭夫の実家です。
 知多半島全域に渡って知多四国八十八箇所があります。白装束に杖を持ったお遍路さんを良く見かけます。私も本を購入して準備したのですが、始める前に横浜に戻りました。
 TV番組の「鉄腕DASH」のソーラーカーが、今週、知多半島の先端にいました(仕事帰りに自動車で音だけ聞いていました)。来週は半田辺りに行きそうですよ、半田運河が見られるかも知れません。
 読書は時々で趣向が変わります。最近、少し社会派になっています。入門ですけどね。移動中に読むことが多いので、新書か文庫本になります。「貧困大国アメリカ」はぜひ一読を。自由の国、アメリカの一面を認識できます。所詮、ゼロサム・ゲームなのかも知れません。「ながい旅」、再読が半分で止まっています。もう一度、初めから読み直そうかと。

投稿: F3 | 2008年5月11日 (日) 22時16分

鉄腕ダッシュ、最近観ていません。
来週ですね。忘れないようにしなくちゃ。
(いつも忘れちゃうんです)
「貧困大国アメリカ」は人気が高いようですね~一応図書館でチェックしたら200人以上の待ちでした。
もちろん娘にも読ませたいので買いましたが。

投稿: strauss | 2008年5月12日 (月) 22時17分

 鉄腕ダッシュ、HPで確認したら知多半島の先端にいました。次回放映は半田近辺まで北上すると想像します。5月4日の「亀崎・潮干祭」は絵柄が良さそうなので、映っていると良いですね。山車を浜に曳きおろす祭りです。半田より少し北です。さらに少し北から橋で対岸に渡ります。途中の海底トンネルで対岸に渡ると私のアイディアは没。
 「貧困大国アメリカ」、一面を切り取っていると感じました。だからどうするのか、私なりに考えてみようと思っています。
 

投稿: F3 | 2008年5月14日 (水) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:半田運河:

« 読書:最近の読書から(2008年4月) | トップページ | 路上観察:下関から門司へ »