« 音楽:R.シュトラウス・歌劇「ばらの騎士」 | トップページ | 路上観察:大岡川の桜 »

2008年3月30日 (日)

舞踊:フルムーン

 演出・振付   ピナ・バウシュ 
 美術      ペーター・パプスト
 衣装      マリオン・スィートー
 出演      ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団

 会場      新宿文化センター大ホール(1階23列49番)
 鑑賞      2008年3月29日14時00分~16時30分(休憩20分)
 公演      2008年3月30日まで(新宿文化センター)
         2008年4月 2日    (びわ湖ホール)

 フィナーレ(明確な区切りがあるわけではありませんが)、10人ほどのダンサーが交互にソロを取ります。目一杯に動く身体各部。選ばれた人間が訓練すると、ここまで動きは鋭くなるものだと感動を覚えます。

 それだけではありません。上空から降り注ぐカーテン状の水。舞台奥、左右一杯に延びるプール状の水たまり(10Cmほどの深さと思われます) 。その中で踊るから、ダンサーの動きを増幅するように水が飛び散り、動きに抗うように水がはねます。女性ダンサーの長い髪の毛が弧を描き、それにつれて水の弧ができます。水の膜、しぶきが舞台後方からの照明に浮かび上がります。ダンサーの動きと相俟って息を呑む美しさ。

 ダンサーと水の競演、そこにテーマが潜んでいるようです。冒頭、二人の男性ダンサーが、大型の空のペットボトルをブランコのように、10数回大きく振ります。”ボッ”という音。それがテーマを暗示するようです。

 舞台上手に大きな岩。その下部はトンネル状になっていて水たまりを覆っています。男性ダンサーは前ボタンのシャツに替えズボン。女性ダンサーは足首まで裾のある単色のドレス。特に目を引く要素はありません。

 進行を追うのは困難です。断片をつなげれば、岩の上から滑り降りたり、プールを縦列になって泳いだり、男性にたたかれた女性があやまったり、女性が髪の毛に火をつけようとするのを消し止めたり、コップに高い位置からこぼるように水を注いだり。もちろん、要所要所で水と戯れます。動作は繰り返され、間を置いて反復されることも多く、印象に残ります。

 ダンサーの人種・国籍は多様、体型も様々。本水を使うことを除けば特筆することもないような舞台。そこから生み出される感動は何なのでしょう。ピナ・バウシュの舞台は、ピナ・バウシュ以外の舞台からは得られない、独特の感動を心の奥に植えつけてくれます。
 強いて言えば、二部構成の2時間10分を少し長く感じました。

 東京公演は本日(3月30日)のみ、当日券もありそうです(29日は残席あり)。たまにはダンス鑑賞などいかがでしょうか。オペラグラスがあれば是非持参を。私はフィナーレの間、オペラグラスを放しませんでした。

| |

« 音楽:R.シュトラウス・歌劇「ばらの騎士」 | トップページ | 路上観察:大岡川の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞踊:フルムーン:

« 音楽:R.シュトラウス・歌劇「ばらの騎士」 | トップページ | 路上観察:大岡川の桜 »