« 路上観察:横浜港シンボルタワー | トップページ | 音楽:R.ワーグナー・歌劇タンホイザー »

2008年1月12日 (土)

音楽:川井綾子・室内楽シリーズVol.1

  曲目 ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第4番「街の歌」
     シューベルト :アルペジオーネ・ソナタ
     シューマン  :幻想小曲集
     ブラームス  :クラリネット・チェロ・ピアノの為の三重奏曲     
  出演 川井綾子(ピアノ)
     板倉康明(クラリネット)
     渡部玄一(チェロ)
  会場 横浜みなとみらいホール・小ホール(18-2席)
  公演 2008年1月11日19時~ (満員)

 年末年始が仕事だったため、正月気分も無いままに早10日が過ぎました。本日(11日)は用有りで仕事を休んだので4連休、遅ればせながら正月気分を味わおうかと。でも、14日に仕事が入ったため正月気分は一日短縮。中身を濃くして三日間を楽しまないと。

 近所で開催されるコンサートを調べたら標題のコンサートがありました。比較的聴いているのは「アルペジオーネ・ソナタ」だけ、他は聴いたことがありません。出演者も始めて接するのですけど、まあ良いかと。

 「アルペジオーネ・ソナタ」を初めてライブで聴きました。聴けたのは良かったのですが、何かしっくりしませんでした。この曲だけではないのですが、何かバランスが悪いのです。使用するピアノはフルコンサートタイプ。コントロールしなければ、クラリネット、チェロの音は敵わないかと。

 ピアノは前面に出て、クラリネット・チェロは奥のほうに引っ込んでいるような感じで終始しました。CDを聴いているとそのようなことに気づきもしないのですが、やはりライブの重みだと思います。ベートーヴェンで気になって最後まで続きました。

 テクニックを云々できるわけでなく、全体の楽しいことが、私の演奏会のポイントです。その面から言えば室内楽は難しいですし、初めて聴く曲が多いのもそれに輪をかけていました。よく知っていた曲目ならば、印象も変わっていたと思います。

 アンコールに「エルガー・朝の挨拶」がトリオで演奏されました。これは楽しかった。心なしかバランスも良いと感じました。

 プログラムに室内楽シリーズと銘打ってあります。2回、3回と続くのでしょう。継続して聴きたいと思っています。ただ、アンケートも無かったので、次回以降は自分で調べなければならないようです。

| |

« 路上観察:横浜港シンボルタワー | トップページ | 音楽:R.ワーグナー・歌劇タンホイザー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽:川井綾子・室内楽シリーズVol.1:

« 路上観察:横浜港シンボルタワー | トップページ | 音楽:R.ワーグナー・歌劇タンホイザー »