« 音楽:川井綾子・室内楽シリーズVol.1 | トップページ | 美術:横浜美術館・ゴス展 »

2008年1月13日 (日)

音楽:R.ワーグナー・歌劇タンホイザー

  指揮     ヤン・ズバヴィテル
  演出     ラディスラフ・シュトロス
  合唱指揮   ヨゼフ・パンチーク
  演奏・バレー チェコ国立ブルノ歌劇場管弦楽団、合唱団、バレー団

  主なソリスト タンホイザー エルネスト・グリサレス(Ten)
         エリザベート ダグマル・ジャルドゥコヴァー(Sop)
         ウォルフラム リハルド・ハーン(Bas)
         ヴェーヌス  ペスティ=エヌス・マクドルナ(Sop)
         ヘルマン   ユリィ・ゴルブノフ(Bas)

  会場 神奈川県民ホール(3階13列39番)
  観劇 2008年1月12日14時~17時50分(途中休憩20分×2回)(入り不明)

 当日券を購入しようとして声をかけられました。「D席1枚買ってくれませんか」。お互い様ですから購入。でも、前売りでD席を購入するくらいですから、天井に近いけれど正面の良い席でした。オーケストラ・ピットを含めて舞台が良く観えます。音も良く響いて何の不満もありません。
 若い頃は勢いで高価な席を購入したこともありました。最近はなるべく廉価な席で数多く観ることが本質かと思うようになりました。ご贔屓でもいなければそれで良し。年の功でしょうか。

 20代、30代の頃はワーグナーなどに関心がありませんでした。それ以降になると、徐々に重厚な音楽も良いと思うようになりました。元気を分けて貰える様な思いです。

 序曲。管楽器コラールで荘厳に始まります。これは第3幕「巡礼の合唱」のテーマになりますが、一瞬にしてオペラの世界に引き込まれます。ワーグナーが愛される理由だと思います。
 やがて中間部、弦の下降音形を基盤にした印象的な旋律です。第1幕第1場の「ヴェヌスベルクの音楽」になります。タンホイザーが引き込まれる妖艶な場面です。やがて「巡礼の合唱」のテーマが再現され、崇高なクライマックスにて序曲は終わります。
 オペラ全体を暗示する素晴らしい序曲だと思いますし、単独で演奏されても素晴らしい曲です。

 舞台を的確に批評できるほど経験も見識もありません。が、素人評も何らかの参考になるかと。

 まず、合唱の素晴らしさを感じました。「巡礼の合唱」引きずり込まれました。人数はそれほど多くないのですが、それはそれで美しい。舞台袖から響くかすかな合唱もまた然り。

 演出はシンプルでした。想像できる範囲内かと思います。

 主要なソリストはダブルキャストのようです。本日のタイトルロールは「南米が生んだミスター・テノール」と形容されていました。圧倒される感じはありませんが、丹念に歌っているとの思いを抱きました。演出にもあると思うのですが、もう少し華があっても良かったな。

 全体的に華々しさは感じられませんが、生真面目な作り、というのが私の総合評です。特定のソリスト目当てでなければ、このような舞台に数多く接するのが目の、そして耳の肥やしとなるように思います。

 お値段も旧共産圏の団体は手ごろです。1月19日(土)東京文化会館で公演があります。地方公演は不明。たまにはオペラでも如何ですか。

| |

« 音楽:川井綾子・室内楽シリーズVol.1 | トップページ | 美術:横浜美術館・ゴス展 »

コメント

今日はコルソ・ウィーンのニューイヤーコンサートを聴きに行きました。
沢山もらったチラシの中に「タンホイザー」が入っていました。これを聴きにいかれたんですね。
私もオペラ座では天井桟敷で聴いたものです。数聴く方がいいですよね。舞台全体が見渡せるなら十分です。
私は小柄なので、パルテルはどちらかというと苦手。前の人の頭が邪魔で何も見えないから。
オペラはやはり舞台が見えないと面白くないのでどの席を買っていいのかよくわからなくなります。

投稿: strauss | 2008年1月14日 (月) 22時44分

 戻られているのですか。私は名古屋、大阪経由でいま小倉。
 おそらく指摘のオペラです。神奈川県民ホールの3階席は初めてです。つくりは良くて、最後列のひとつ前でしたが、舞台は良く見えます。3階席の最前列(多分C席)なら、特等席だと思います。行きつけの劇場で良い席を見つけておくのがベストでしょう。私は県民ホールをベースに新国立かな。
 今年は音楽でスタートです。

投稿: F3 | 2008年1月15日 (火) 00時04分

世田谷パブリックシアターについては、遅ればせながら、先日も観察して頭にいれつつあります。ネットで席が指定できるのは便利ですね。
私も今年は音楽でスタートです。

投稿: strauss | 2008年1月15日 (火) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽:R.ワーグナー・歌劇タンホイザー:

« 音楽:川井綾子・室内楽シリーズVol.1 | トップページ | 美術:横浜美術館・ゴス展 »