« 路上観察:根性ある木 | トップページ | 路上観察:横浜・新山下あたり »

2007年12月30日 (日)

随想:鮒寿司

 自宅にいるのも年内は今晩が最後。国内旅行に行くわけでもなく、海外旅行に行くわけでもなし、皆さんの休んでいる間に一仕事します。明日夕方(日が変わりましたので本日)に北九州へ移動。

 というわけで一足早く年越しという訳でもありませんが、ご酒を飲み始めました。肴は鮒寿司、豪華でしょう。大阪で寮住まいの息子の帰省土産です。と言いながら、買って帰るように連絡しておいたものです。

 鮒寿司とは滋賀県の郷土料理。琵琶湖の固有種であるニゴロブナの子持ちのメスを用いて作られる熟れ寿司(なれずし)の一種。ニゴロブナが少なくなっているのでなかなか貴重になっているようです。

 臭みがあるので、あんなものと言う方とそれが良いという方と両極端に別れるようです。しかし半々ではないでしょう。あんなもの派が圧倒的に多いように思います。

 寿司と言うくらいですから酸味がかなりあります。そのままご酒の肴に、あるいはお茶付けの具にするのも良し。とにかく珍味です。保存食として古来からの智恵のように思うのですが、詳しくは調べていません。

 ご酒の肴にする場合、私は多少の醤油を付けます。邪道でしょうか。通の食べ方あるいは正当のの食べ方をご存知の方、教示願います。おいしければ良い様なものですが。

 高価なものですからそうそうは食べられません。しかし、そうでなかったとしても、食生活が変わっているのでこのような伝統食はなかなか馴染めなくなっていると思えます。食べ物一つとっても平均化するのでしょうか。

 おいしい肴を用意して、ご酒は明るく

  杜子美 山谷 李太白に 酒を飲むなと 詩の候か   隆達小歌

と言うように嗜みたいものです。でもこれは居直り?

| |

« 路上観察:根性ある木 | トップページ | 路上観察:横浜・新山下あたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 随想:鮒寿司:

» 盛岡へ遊びにおいでよ [盛岡おやじ]
盛岡のブログを集めてみました。 [続きを読む]

受信: 2007年12月31日 (月) 01時12分

« 路上観察:根性ある木 | トップページ | 路上観察:横浜・新山下あたり »