« 演劇:異人の唄 --- アンティゴネ | トップページ | 随想:忘れないで「美しい国、日本」(その2) »

2007年11月25日 (日)

演劇:カフカ・失踪者

 原作    フランツ・カフカ(池内紀訳・白水社発行)     
 構成・演出 松本修
 出演    船谷吉洋  カール回想・4  
       柴田雄平  カール1
       ともさと衣 カール2
       泉陽二   カール3
       石母田史郎 カール5、他
 劇場    シアタートラム
 時間    3時間35分(途中休憩15分)
 観劇    2007年11月24日14時~ (満員)
 期間    ~12月8日、変則日程につき公演日注意

 追われるように故郷ドイツを後にしたカール・ロスマン。ニューヨーク港へ到着した船から降りる間際に騒動に巻き込まれるが、そこで偶然にも伯父の上院議員・エドワード・ヤーコブと対面する。ロスマンは伯父の庇護のもと何一つ不自由の無い日々を過ごす。

 ある日ロスマンは、伯父の知人ポランダーの自宅へ招かれる。伯父は渋るが結局はでかける。ポランダーの愛娘クララの出迎えを受けるが、その際にグリーンが来宅していることを告げられる。

 ロスマンは伯父が気懸かりだった。すぐに帰りたいと告げるが、「12時になったら」とグリーンに言われる。12時になって伯父からの手紙を受け取るが、そこには「ロスマンを追い出す」と書いてある。船で見失ったトランクと傘を渡されて、当てもなく夜の街へ飛び出す。この後の波乱は・・・。

 

 先週の「審判」とは舞台の向きが逆になっていました。「審判」との交互上演をどう実現するか興味あるところでした。先に観客席に座れば、後から入場する観客を見ることになります。私は初めての経験で思わず感心してしまいした。要は舞台上を歩いて観客席に向かうのです。

 フランツ・カールは場面場面で俳優が変わります。カールに限らず全ての俳優が何役もこなしているので、出場のタイミングもあるでしょう。しかし、全体に激しい動きが多いので一人の俳優が通しでは無理なのだと思います。カール2は女性ですが、これはクララに投げ飛ばされる場面を考慮してのことでしょう。それにしても見事に投げ飛ばされました。

 例によって松本修の構成・演出は原作に忠実だと思います。しかし、原作の場面場面の独立感を「変な踊り」や場面転換の工夫で軽快に進めます。3時間超の上演時間は面白くなければ苦痛にもなりますが、決してそのように感じさせることはありません。松本修の非凡さを改めて感じます。

 劇場はプールのイメージです。水が張られる部分が舞台および客席です。底に地下への向かう階段があり、水から上がって人が休憩する部分も舞台です。これは今回の状態で、かなり自由に再構成できるようです。天井には「審判」の大道具はそのまま残っています。豪華な空間より自由になる空間、それが創造力を拡大するのでしょう。ようやく劇場の全体感がつかめてきました。

 

 終幕近く。ロスマンは、オクラホマ劇場が競馬場にて条件不問で団員募集をすることを知る。競馬場入り口では多くの女性が天使の出で立ちでトランペットを鳴らしている。ロスマンは天使の1人に声をかけられるが、それは懐かしい女友達のファニーだった。再会を祝し、ファニーのトランペットを借りて上手に演奏した。

 採用面接が始まるがロスマンは身分証を持たない。俳優志望であることを伝えるが、別の窓口へ盥回しにされる。挙句に元の窓口で採用される(原作では技術志望だが私の記憶違い?)。
 人事主任が壇上に現れ、5分後にオクラホマへ向けて列車が出発することを告げた。その後傍らにいた男がまた感謝の演説をはじめる。重なるドイツ語の音声、定かではないがヒトラーの演説か。長々とした演説が終わり、採用者たちは急いで駅に向かい列車に乗る。カフカのような男も同乗する。

 

 行き先で待つものは何でしょうか。「変身」を思わせる場面、列車に同乗するカフカのような男の意味は何でしょうか。自由の国アメリカに着いたはずなのに失踪者とは何を意味するのでしょうか。思わず今の時代と対比してしまい、極めて似た状況にあることを感じます。どこかきな臭い匂いも。

| |

« 演劇:異人の唄 --- アンティゴネ | トップページ | 随想:忘れないで「美しい国、日本」(その2) »

コメント

今夜観てきました。
とても面白かったです。
舞台の作り方も新鮮だったし、
飽きさせない工夫もありましたね。
これからゆっくりブログに感想を書こうと思います。
長かったけど疲れませんでした。

投稿: strauss | 2007年12月 1日 (土) 00時09分

 お疲れ様です。帰宅したばかりではありませんか。
 ブログ、お待ちしております。Straussさんの感じ方も興味あります。

投稿: F3 | 2007年12月 1日 (土) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演劇:カフカ・失踪者:

» 【演劇】MODE『失踪者』2007.12.1 [Badlands 映画・演劇・音楽レビュー]
[続きを読む]

受信: 2007年12月 4日 (火) 00時25分

« 演劇:異人の唄 --- アンティゴネ | トップページ | 随想:忘れないで「美しい国、日本」(その2) »