« 演劇:維新派・nostalgia | トップページ | 美術:最近の美術展 »

2007年11月 7日 (水)

美術:行ってみたい美術館・博物館リスト

 北九州・西小倉のビジネスホテルで一枚のチラシを手に取りました。コピーを掲載しますのでじっくり見て下さい。何か感じることはありますか。

Scan10004












 私がビビビーと感じたのは「いのちのたび博物館」でした。「いのちのたび」、すごい名前だと思いました。企画展「修験の歴史と自然」とも相俟って、何か生きることの深奥を教えてくれるのかとも思いました。

 私は「行ってみたい美術館・博物館リスト」を記録しています。今、7つ・8つが記録されていますが、新たに「いのちのたび博物館」が加わりました。残念ながら今の企画展には間に合いそうもありません。しかし当分の間、仕事で北九州へ行く機会が多そうなので、合間を見つけて訪問しようと思っています。その際には改めて報告します。

| |

« 演劇:維新派・nostalgia | トップページ | 美術:最近の美術展 »

コメント

う~ん、本当にすごい名前ですね。
この企画展も興味深いです。
鳥取に役行者小角が投げたと言われる投入堂があります。
ロッククライミングに近い登りだそうです。
一度行ってみたいと思いながら叶いませんでした(もう無理かな)。
そんな思いがあったので、余計に修験道に惹かれます。
それにしてもこの博物館、私も気持ちが動きます。博物館って美術館にない驚きや発見があるから好きです。たまにはいいですよね。
国立科学博物館も今面白い企画展をやってるみたいです。

ところで、話は変わりますが、
12月の新国立劇場「廃車長屋の異人さん」を観に行かれるご予定はありますか?
もしチケットのご用命がございましたら当方へ。営業です(笑)。
一声お掛け下さいますようお願い致します!
失礼いたしました。

投稿: strauss | 2007年11月 8日 (木) 00時47分

 straussさん、こんにちは。

 投入堂の話題が良く目に入ります。私も一度行きたいと思っています。トレーニング充分ではありませんけど脚力はそこそこにあると思います。しかし、身軽さが不足しているのでロッククライミングもどきは大きな課題になりそうです。

 年末年始は仕事の予定で、22日からの連休は英気を養っておく必要があります。演劇の見納めも良いアイディアです。調べたら「鳥の劇場・中島諒人」、「Power Doll Engine・億土点」も前後に公演があるではありませんか。利賀フェスの再現みたいですね。調整しておきますので詳細メールで、とりあえず一報願います。

投稿: F3 | 2007年11月 8日 (木) 23時30分

先日山の写真集を見る機会があって、見ているうちに急にどこか山(低い)に登ってみたくなりました。でも、全然体力ないですし、トレーニングもできそうにないし……。

チケットの件、もし調整の余地があればよろしくお願いします!
後日メールを送らせて頂きます。

投稿: strauss | 2007年11月 9日 (金) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術:行ってみたい美術館・博物館リスト:

« 演劇:維新派・nostalgia | トップページ | 美術:最近の美術展 »