« 音楽:横濱ジャズプロムナード2007 | トップページ | 路上観察:第9回港よこはまツーデーマーチ・第1日 »

2007年10月 8日 (月)

音楽:横濱ジャズプロムナード2007(2)

 おじさんの考えは古いといわれます。その一面を否定できません。でもね、ふと気付いたのです。

 「サマータイム」の演奏が始まり、途中から「時には母のない子のように」に変わりました。舞台上には「カルメン・マキ」。この歌は彼女のデビュー曲、1969年のことですから40年近い歳月が流れた彼女がそこにいます。

 私は彼女ファンというわけではありません。しかし、メロディは記憶していますし、寺山修司作の歌詞も何となく覚えています。おじさんの頭のなかには、生きてきた時代時代の記憶がぎっしりと詰まっているのです。古い記憶におさばできたら、あるいはすっきり今の時代に溶け込めるかも知れません。でもね、おさらばしてはいけない記憶も沢山あります。古い考えが、若い人たちの役にたたないで済むような時代続くならば良いのですけど。おばさんだって同じでしょう。

 誰に向けた文かよくわかりませんので、昨日(10月7日)の話題に進みます。

 12時からランドマークプラザの「福本陽子カルテット」。今年のコンペティションでグランプリに輝いたグループ。アルト、テナーサックスにベース、ドラムス。ピアノのいない少し変わった編成です。知らない曲ばかり(知っているのは少ない)でしたが、さすがにグランプリ。プログラムを確認したら、サックスのお二人はバークレーの同期生とか、プロですね。レベルの高い演奏が無料で1セット聴けてしまうのですから、年に一度でなく毎週やって欲しい、と思ってしまいます。

 港未来ホールへ移動。「女性ボーカル4人と田村博トリオ」の最後の二曲ほどを聴きました。華があります。最初から聴きたかったけど。小ホールは何度も入場しましたが、大ホールは初めて。素敵なホールです。オーケストラを久しく聴くことがありませんでしたけど、近いうちに一度出かけようとの思いが湧いてきました。

 この後入れ替えで「秋吉敏子・中村誠一グループ」を聴く予定でした。しかし、腹ごしらえに行っている間に長蛇の列。入場開始も遅れるようなのであきらめて、本日の主たる目的地である関内ホール大ホールに移動。後で知りましたが満員だったそうです。ビッグネームですからね。

 15時40分、「向井滋春・JAZZ STRINGS」。弦楽四重奏+ピアノトリオ+トロンボーンの編成、時にベースがアルコで加わり弦楽五重奏になったり。いきなりチャリーパーカーで始まったと向井が言いましたが、曲名は忘れました。自作なども含めて楽しいセッションでした。たびたび聴くわけではありませんが、向井のセッションは暖かい感じがして、私は好きです。

 次の開始までに近所の「ジャズメンクラブ」を覗きに。昔、山下町に店があったころ、会社を終えてから良く行ったものです。当時のオーナーがバイブの杉浦良三、5年ほど前に他界。新しくなってからは出かけようと思いながら出かけていませんでした。場所が変わってしまいましたので、懐かしさはそれほど感じませんでした。

 17時30分、「カルメン・マキ+太田恵資+板橋文夫」。「太田」は、アコウスティック・エレキバイオリンを持ち替えながら。「板橋」はピアノ、それも髪を振り乱し、立ち上がり、肘打ちはなかったけど拳打ちありの格闘技スタイルの演奏、毎度ですけど。様子を見ているだけで私も熱くなってしまいます。ボーカルがいるので、ここではまだおとなしい感じでした。「カルメン・マキ」、プロムナードは初参加、はだしで舞台に出てきました。少しふっくらしましたが、妖艶・ニヒルな雰囲気はそのまま。

Dsc_0016  19時20分より多少早めに「板橋文夫オーケストラ」。プログラムで「村井祐児(クラリネット)」の名前発見。元芸大教授、クラッシクのクラリネット奏者として高名。ジャズ界でも演奏という話はどこかで耳にした記憶はあるもののステージ上の姿を見られるとは。写真中央のネクタイこそしていないものの他とは異なるスーツ姿が村井です。終始、楽しそうな感じで演奏していました。

 舞台後方の幕は、演奏開始時は真っ白でした。演奏中に「堀越千秋」が描きあげたものです。

 スタイルはフリージャズに入るでしょうか、管を2セクションに分けて競奏するような曲もありました。セクションンリーダーがカウントを取りながら進行するというような。このような演奏を聴くと、クラシックの現代曲とどのような差があるか疑問が湧きます。Jazzyとは何なのでしょう。批判めいた気持ちでなくて、音楽に境はないという意味で、そのように思います。あまりジャンルにこだわる必要もないかと。「板橋」の格闘技スタイルはさらに熱を帯びて。カルメン・マキが途中で一曲。

 演奏終了後、二拍子の拍手が続きました。「板橋」が出てきて時計をさして、時間がないんだと言いながらピアノを弾き始めます。良いおじさんだと思います。メンバーが一人づつ出てきて総奏に。

 かくして「横濱ジャズプロムナード2007」は無事に閉幕、関係者に多謝。まっすぐ家に帰る気にもならず、一人でお酒を飲む気にもならず、伊勢佐木町・野毛と散歩しながら余韻を楽しみました。

| |

« 音楽:横濱ジャズプロムナード2007 | トップページ | 路上観察:第9回港よこはまツーデーマーチ・第1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽:横濱ジャズプロムナード2007(2):

» 巻髪はどうする?!結婚式での巻髪 [ 巻髪はどうする?!結婚式での巻髪]
巻髪で結婚式に行こうと思うのだけど、セットを頼むべきかなー。ちょっと予算の関係で、自分でしようと思っているのだけど、・・・巻髪、自分でできる・・かなぁ。不安。ヘアアレンジ、自分でうまーくまとめられる人っているんだよね。前にちょっとびっくりしたことがあった。巻髪ではなかったのだけど、自分で逆毛たてて、ヘアアクセサリー散らして、すごいキレイにまとめて... [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 16時41分

« 音楽:横濱ジャズプロムナード2007 | トップページ | 路上観察:第9回港よこはまツーデーマーチ・第1日 »