« 路上観察:福岡名所めぐり | トップページ | 随想:文楽・菅原伝授手習鑑のこと »

2007年9月17日 (月)

路上観察:JR大船駅から鎌倉湖経由でJR鎌倉駅へ

 大船駅東口から鎌倉湖、天園ハイキングコースを横切って覚園寺、鎌倉宮を経由して鎌倉駅へ。歩行時間約3時間です。鎌倉宮からは好きな道を歩いたら良いでしょう。先週のコースも参考に
 多少のアップダウンがあるので先週よりは疲れましたけど、この程度で疲れていては。

 大船駅東口を出てまずは鎌倉湖を目指します。
 東口正面の商店街を抜けて鎌倉芸術館へ。芸術館を正面に見て左(北)へ。イトーヨーカ堂を過ぎて砂押川に突き当たるので右(東、上流)へ。川に沿って進むと、やがて鎌倉街道・砂押橋交差点、左(北、横浜方面)へ。進行方向右側の歩道を歩くと、交差点から10分弱で右斜めに進む道路の前方に浄土宗・大長寺が見えます。大長寺の前の道路を右へ、暫くしてバス通りに出たら左へ。後は道なりで鎌倉湖へ。途中、大長寺、西念寺、白山神社を確認する程度に寄り道。

 この間に大きな見所はありません。大船駅からバスで鎌倉湖へ直行し、後半に変化を持たせたほうがハイキングとしては楽しくなりそうです。

Img_1752 鎌倉湖は通称、正式には散在が池森林公園で明治期の農業用水が今に至ります。周囲は住宅街ですが、園内は緑濃く散策に絶好。ただし、売店等はありませんので必要なものは持参を。しばし休憩。このコースでは北口から入園しますが、馬の背小径あるいはのんびり小径を経て南口に出ます。

Img_1774  南口を出たところは住宅街ですが、数10m右に進むと斜め左に進む道がありますので、その道を進みます。半僧坊下バス停をさらに進むと、ここら辺りから天園ハイキングコースが確認できますので見失いなわないように。住宅街の外れの広場の奥から天園ハイキングコースへの登り道があります。暫くしてハイキングコースに出会います。

 交差点には道標があります。右は天園約1.2Km、瑞泉寺約3.1Km、左は建長寺約1.9Km、直進は覚園寺約1.2Km。私は直進。百八やぐらを見ながら気持ちの良い山道を歩くこと約20分で住宅街に入ります。右は覚園寺、左は鎌倉宮へ。私は覚園寺に寄り、引き返すように鎌倉宮へ。二週続きの鎌倉宮です。 
 その後、宝戒寺、 東勝寺跡、北条高時腹切やぐらを経由してJR鎌倉駅へ。

Img_1792 鎌倉湖から先は大きな位置関係を認識していれば迷うことも無いように思います。しかし、地図は持参したほうが安心です。私は、『人文社、横浜南部・鎌倉・逗子、1:20000』を持参、これから自分なりのコースを歩こうと思って購入しました。ただし、半僧坊下から天園ハイキングコースまでの道が記載されていませんでした。しっかり整備されていましたが。(2007.9.16)

写真:
 上から、鎌倉湖、覚園寺、高時腹切やぐら

参考タイム:
 JR大船駅東口→(9分)→鎌倉芸術館→(8分)→砂押川→(5分)→鎌倉街道→(9分)→大長寺→(13分)→バス通り→(20分)→鎌倉湖北口→(20分)→鎌倉湖南口→(10分)→天園ハイキングコース交差→(20分)→覚園寺→(8分)→鎌倉宮→(15分)→宝戒寺→(12分)→高時腹切やぐら→(18分)→JR鎌倉駅

| |

« 路上観察:福岡名所めぐり | トップページ | 随想:文楽・菅原伝授手習鑑のこと »

コメント

こんにちは。
そろそろハイキングの季節になりますね。
港南台に住んでいた頃は円海山のハイキングコースから鎌倉へと歩いたものです。
途中アスレチックがあったような。
鎌倉はどこもそれぞれ趣が違って好きです。報国寺、杉本寺の辺りもいいですね。
鎌倉湖はまだ見たことがありません。
鎌倉へ行きたくなりました。
でも3時間は歩けそうにないです……。

投稿: strauss | 2007年9月18日 (火) 21時28分

 straussさん、こんにちは。
 夏モードから秋モードへの切替え時期です。芸術に、運動に、ちょっ
ぴり食欲にと、毎年の繰り返しのようです。しかし、「歳歳年年人同じ
からず」との思いも強くなりつつあります。
 鎌倉も随分と巡っているようで、意外と初めて訪れるところも多く、
結構新鮮です。鎌倉湖までバス利用ならば、そこから鎌倉宮まで90分
もあればゆっくり歩けると思います。
 円海山からのアプローチも、これからは秋色に染まって気持ちよく歩
けそうです。近々、レポートします。

投稿: F3 | 2007年9月18日 (火) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:JR大船駅から鎌倉湖経由でJR鎌倉駅へ:

« 路上観察:福岡名所めぐり | トップページ | 随想:文楽・菅原伝授手習鑑のこと »