« 演劇:アルゴス坂の白い家 | トップページ | 随想:カフカのこと »

2007年9月24日 (月)

路上観察:横浜散歩 - 2007.9.23

Img_1835

 港未来地区から山手方面に大きな方向を定めて歩き出します。どこを歩くかは角々に到着したときの気分で決定します。

 東横線旧高島町駅~旧桜木町駅間の高架に電車が走ることはありません。しかし、高架下のストリートアートはいまも元気です。私に絵心があれば参加したい気持ちもありますが、残念ながら。

 港未来地区に向かいます。横浜美術館に寄りました。新しい企画展「シュルレアリスムと美術」がを見るつもりでしたがちょっと様子が違いました。確認したら29日からでした。そそっかしいですね。また来週に出かけるつもりです。

Img_1838

 海べりを通って赤レンガ倉庫に向かいます。昼食の際に横浜地ビールを飲みたいと思いましたが満席。待つのは嫌いなものでパス。横浜ジャズプロムナードが10月6・7日に開催されます。その写真展が開催されていました。写真中央上段は世良譲、下段はジョージ川口。特に良く聴いたわけではありませんが、ビッグネームですから知っています。ライブに出かけようと思いながら足が動きません。6・7日はジャズに浸ろうかな。

Img_1841

 海べりを山下公園向かいます。大桟橋に客船が二隻停泊していました。珍しいですね。手前が「SEVEN SEAS MARINER」、フランス船籍。奥が「飛鳥Ⅱ」、二本の豪華客船です。船旅に憧れますが、時間もお金も余裕がありません。

Img_1844_2

 山下公園から中華街に向かいます。少し遅くなりましたが昼食は中華街に変更。中華街の周囲に門が完成していますが、写真は長陽門(東に位置)。人出は多かったです。手ごろで有名なお店は列が出来ています。そういうところは避けて、私たちは市場通りの一本奥の路地の中央にあるB園にいきました。横浜ベイスターズの選手の色紙が多く飾られています。ほかに新井満、酒井法子、小池百合子などなど。中華風サラダ、空芯菜の炒め物、五目おこげ。+生中3杯。以上を二人で。食も細くなりました。え、普通ですって。

Img_1865_2

 腹ごしらえが終わって元町を横切って山の手へ。ベーリックホールに寄ります。ベリックは英国の貿易商、ベリーックホールはその元私邸。いろいろの経緯があって、今は横浜市所有。2002年7月から公開されています。

Img_1857

 写真は主人の部屋です。日本間を思わせるような渋い色合いの壁、質実な内装。子供部屋の壁はフレスコと書いてありました。他の部屋には書いてありませんがどうなのでしょうか。こんなところに一度は住んでみたいと思いますけど、無理無理。

Img_1867  外人墓地の脇を下りて元町へ。チャーミングセール開催中のせいか、大変な人出。大通りを歩くの避けて元町と中華街の間を流れる川沿いをバス通りへ。写真は、何の面白みのない川の写真ですが、昔、左手の向こう岸あたりに横浜ボートシアターがありました。はしけ(荷物船)を改造した劇場でしたが、あるとき沈んでしまったそうです。その後、復元されていません。

 自宅起点ですが、JR横浜駅から港未来地区に入れば、後は同じコースで横浜名所めぐりができます。ただし、ストリートアートが見たければ、横浜駅東口から国道一号を西に進み、徒歩10分ほどの高島町交差点から伊勢佐木町方面に向かってください。適当なところから港未来に入って下さい。

 歩行時間は2時間半ぐらい、これに食事や見学の時間を足してください。帰路は、元町から地下鉄、バス、あるいはJR石川町駅から横浜に戻れば良いでしょう。

| |

« 演劇:アルゴス坂の白い家 | トップページ | 随想:カフカのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:横浜散歩 - 2007.9.23:

» あなたは『足やせ』して 『美脚』になりたくありませんか? [短期間で簡単な足やせ方法]
この誰でも即実践できる『足やせの方法』を知った瞬間から、あなたは鏡にうつる自分が大好きになりますよ! [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 01時26分

« 演劇:アルゴス坂の白い家 | トップページ | 随想:カフカのこと »