« 演劇:利賀フェスティバル2007(1) | トップページ | 福岡大仏 »

2007年8月30日 (木)

演劇:利賀フェスティバル2007(2)

 二日目(24日)は二本の出し物を観ました。

(1) テネシー・ウィリアムズ「二十七台分の綿花」
  億土点演出、劇団Power Doll Engine、利賀山房使用

 あらすじ : 第二次世界大戦中の作。アメリカ南部の綿工業地帯。綿工場の経営者ジェイクは妻フロオラを人形のように扱い、性的暴力で弄ぶ。ジェイクは商売敵の綿工場に放火し、行動に不審感を持ったフロオラを暴力で口止めする。
 農場の管理人ヴィカーロはやむなく綿花二十七台分の加工をジェイクに注文する。が、フロオラの様子から、ジェイクの放火だと気づく。ヴィカーロはフロオラに、昼間から夫同様の暴力的なセックスを迫る。フロオラはそれが放火の代償と感づき、受入れる。
 夜、帰宅したジェイクにフロオラは、ヴィカーロが明日も二十七台分の綿花を持って来ると告げる。もちろん、それはセックスの対価。フロオラを性の道具にして二人の間に「善隣政策」が成立。

 感想 : 億度点は2004年利賀演出家コンクールで優秀演出家賞受賞。初めて接する劇団ですが、なかなか達者な役者陣。
 妻フロオラは男優が演じます。そうでなければ芝居として見られないほどの痛々しい暴力が繰り返されます。舞台中央に畳み一枚ほどの広さのブランコ、この上での演技が効果的です。暴力は肉体のみならず心にも深い傷跡を残します。それをブランコの揺れで表現する興味深い演出です。
 内容も理解できるし、役者もうまい。今もどこかで継続する問題の提起ともなっている。でも、私は感覚的に受け入れにくい。なぜ。それは、あまりにも痛々しい表現。それと聞きづらい発声が多かったため。他の出し物を観たら、私の感覚は変化するでしょうか。

(2) 寺山修司「犬神」
  長野和文演出、劇団池の下、特設野外ステージ使用

 あらすじ : 時は大正。谷間の村に住むミツは、山犬に襲われて気がふれ、月雄を生むとすぐに亡くなる。父親は女と逃げ、月雄は姑とふたりで孤独な子供時代をすごし、やがて一匹の迷い犬を飼い始める。月雄は犬を”シロ”と名づけ可愛がるが、そのころから村には不吉な事件が相次ぐ。
 長じて月雄は、離れた村から嫁を貰う。離れた村なら噂も知らない。結婚した次の日、のどに傷を残して嫁は死んでいた。誰の仕業か。

 感想 : まず良い天気であったことに感謝、雨が降れば合羽の用意もしてあるけど。
 長野和文は2006年利賀演出家コンクールで優秀演出家賞受賞。この劇団も初めて接します。寺山作品を多く取り上げているようだし、舞踏との融合も試みているようです。
 絵面の美しい作品です。特設ステージは、段差を生かした立体的かつ奥行きのある構造で、展開の幅を広げました。舞台前方左右に二本の柱が建ち、最後に火が放たれて燃え尽きながら芝居も終わるという、劇的な演出で夏の思い出として最高。
 ストーリーでは二十年以上の時間が流れます。それを表現するのが難しいと思います。これは、役者が台詞で説明します。全体的に説明的な進行になったのは残念。のどに傷を残して嫁が死んでいたことも説明で済ませました。一番のポイントと思いますが、ステージで表現することは困難だからでしょう。映画・TVなら容易に解決しそうですが。

Dsc_0215 添付写真は、翌日撮影した特設ステージです。左右の柱は無くなっています。後方の建物が新利賀山房、その前に空間があります。舞台中央の崖に左に昇っていく花道(?)があります。芝居の冒頭、左手に見える岩の上にミツが横たわり、犬の仮面をつけた白の羽織・袴の役者がすくっと立っている光景はとにかく美しい。写真では切れているが右後方の木にぶる下がってミツは月雄を生みます。

| |

« 演劇:利賀フェスティバル2007(1) | トップページ | 福岡大仏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演劇:利賀フェスティバル2007(2):

« 演劇:利賀フェスティバル2007(1) | トップページ | 福岡大仏 »