« 「赤目四十八瀧心中未遂」のこと | トップページ | 「横浜トリエンナーレ2008・タイムクレバスの概要について」 »

2007年7月29日 (日)

「ボルタンスキープレゼンツ La Chaine」のこと

 日仏現代美術交流展と銘打つ美術展。会期等は次のとおりです。

  日程:2007年7月6日(金)-8月26日(日) 11:30 -19:00
     *8月13日(月)~17日(金) は全館休館  
  会場:BankART 1929 Yokohama、BankART Studio NYK
  作者:日仏各5人。ボルタンスキーは三作品、他の作者は一作品の展示です。

 会場は、横浜・JR桜木町駅からから山下公園方面に徒歩5分の BankART 1929 Yokohama 。さらに10分弱歩く BankART Studio NYK に分散しています。

 前者は歴史的建造物である旧横浜銀行本店・別館。三角地に建った半円形のバルコニーを持った特色ある建築の一部。それが後方に新設された横浜アイランドタワーと一体化されています。
 後者は赤レンガ倉庫を望む海に面した旧日本郵船倉庫。三階建ての倉庫で、建屋の一部に古いコーヒー豆などが床にちらばっていてありしし日の面影を感じられます。常設展示も観ることができます。

 作品は映像インスタレーション主体です。その中から、ボルタンスキーの三作品を振り返えってみます。

 旧銀行ホールは「L’horologe palante」と「Entre Temps」。私は一作品と思っていたのですが、頂いたチラシで二作品と確認。前者がサウンドインスタレーション、10秒ごとの時刻を延々と読み上げます。後者は、恐らく同一人物の年代の異なる顔写真だと思いますが、モーフイング゙により徐々に変化していきます。

 旧銀行地階はの「6 September」。彼が生まれてから現在に至る60有余年(あるいはもっと?)、彼の誕生日である9月6日のニュース映像を繋げて早送りで見せます。

 倉庫は「L’homma qu tousse」。倉庫のような場所で延々と咳き込む人、血を吐き出しながら。

 前二者(三者)は、過去に対峙することで人びとの営みが永遠に続くことを鋭く示唆するボルタンスキーの特徴を感じ取ることができました。しかし「6 September」は、映像が欧米系(?)のもので内容がわからず、いま一つ突き詰めた印象に至りません。もし日本の映像が使われていたら、瞬間的とはいえもう少し感じることは多かったと思います。

 越後妻有におけるボルタンスキーのインスタレーションは、決して強く迫るわけではないけれど心に染み入るものがありました。今回の作品がやや弱く感じるのは映像インスタレーションに起因するものか、内容か、はたまた私の感受性によるものか、良くわかりません。

 倉庫の作品は、やる切れなさを感じるものの意図に迫れません。ボルタンスキーも、このような作品を製作する、ということが強く印象に残りました。

 他に次の作品を面白く感じました。
 ブノワ・ブロワサの「Bonnaville」。線描による町の中を、空中を浮遊する視点が移動していく作品。
 伊藤春の「ビック・フッテージ」。ハーフミラーを使用して二つの映像を合成してみせる作品。内容は認識できていません。

 誰もが興味を持てる内容とは思いませんが、横浜の歴史的建造物を見ながらふらっと立ち寄られたらいかがでしょうか。そのついでに最先端の芸術に触れてみる、それも有りかと思います。

| |

« 「赤目四十八瀧心中未遂」のこと | トップページ | 「横浜トリエンナーレ2008・タイムクレバスの概要について」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ボルタンスキープレゼンツ La Chaine」のこと:

» 横浜銀行のインターネットバンク [インターネットバンクガイド]
横浜銀行では「はまぎんマイダイレクト」という名称で、インターネットバンクサービスを提供しています。横浜銀行のインターネットバンクの主なサービス内容は、残高や入出金明細の照会、振込・振替、定期預金、外貨預金、投資信託、税金・各種料金の払込みなどとなっています。利用時間はシステムメンテナンス時間を除いて、基本的に無休で利用することができますが、投資信託サービスにおいては、1日2時間の休止時間があります。振込手数料は現在、同行同一支店あて 無料同行の本支店あて(振込額3万円未満)...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 23時47分

« 「赤目四十八瀧心中未遂」のこと | トップページ | 「横浜トリエンナーレ2008・タイムクレバスの概要について」 »