« 「かきつばた」のこと | トップページ | 「近代水道」のこと »

2007年5月21日 (月)

「横須賀美術館」のこと

 日本最初の洋式灯台がどこにあったかご存知でしょうか。それは三浦半島観音崎、観音崎灯台は1869年2月11日完成・初点灯したそうです。

Img_1256  横須賀美術館は、その観音崎灯台の至近に位置します。海岸から立ち上がる小高い丘陵の裾に、白を基調にした建物が輝いています。4月28日に開館したばかりですからまだ一ケ月も経過していない初々しさもあります。一部2階ですが、展示室は1階と地階。屋上からは、美術館の前に広がる東京湾、手に取るような近さで房総半島が望めます。

Img_1261  また、屋上から背後の丘陵へと歩を進めることができます。丘陵には、砲台跡、小公園、今回は行きませんでしたがふれあいの森、などがあります。もちろん観音崎灯台も。美術館と自然を同時に楽しむ、そんな一日を計画したら素敵だと思いました。そして、そのような方が多いように思えました。小さな子供さんも多く、純粋に美術館を楽しみたい方は多少落ち着きの無い雰囲気と感じるかも知れません。

 開館記念展示は「近代日本美術を俯瞰する」。タイトルから察し着くとは思いますが、1900年以降の作品が展示されています。浅井閑右衛門の絵が二十数枚、大半が館蔵品のようですから横須賀美術館の目玉かも知れません。その他、一度は聞いたことのある(見たことのある)名前が並んでいました。

 私は中村彝「少女」が目当て。16日の朝日新聞・夕刊の美の履歴書に掲載されていて、「お、中村彝」、見に行こうと思ったわけです。正面を見据えた眼、ふっくらとした顔立ちに長い髪、ふくやかな上半身。限りない未来を感じさせます。

 この絵は初見でした。赤と黒のチェックのカーテンの前でポーズする「少女」を何回か見ていて、中村彝といえばそれが思い浮かびます。今回展示されている「少女」も記憶に残る一枚になりそうです。屈託の無い少女と中村彝の少女への愛が、「少女」を生み出したように思います。

 故洲の内徹が「盗んでも手元におきたいと思う絵が良い絵だ」と言うようなことを書いていたと記憶します。私にとって「少女」は、そのような一枚です。「二枚は無理だからどちらか一枚にしろ」と親分に言われたら、最初に見た赤と黒のチェックのほうを選びます。すいません、物騒な話で。

 一部図入りの出品目録を300円で購入しました。コピーでも良いので出品リストは欲しいと思いますが、何千円もするそれを買う気はありません。300円の出品目録なら喜んで購入します。これからの企画展でも継続して欲しいと思います。と同時に他の美術館にも販売することを要望します。

| |

« 「かきつばた」のこと | トップページ | 「近代水道」のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「横須賀美術館」のこと:

« 「かきつばた」のこと | トップページ | 「近代水道」のこと »