« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月22日 (日)

イサムノグチ庭園美術館のこと

Isamu2 源平古戦場である屋島の中腹から牟礼の町を遠望します。屋島も牟礼も初めて訪れるのですから、「イサムノグチ庭園美術館」がどこにあるかは見当もつきません。雑誌で見た建屋のイメージと案内板を頼りに、ここら辺りだと位置決めして写真を撮りました。カメラでは判別できませんでしたが、後にパソコンで確認すると、見事、中央に写っていました。多少、目標とした建屋は異なっていたのですが結果良し。

Isamu3  牟礼から庵治に向かう道路を折れて美術館前に至りますが、この曲がり角がわかりませんでした。私はレンタカーを利用していましたが、行ったり来たり数度、ようやく案内の看板を見つけました。判りにくいので要注意です。

 美術館は、小さな道を挟んで二つに分かれています。一方がアトリエ・展示倉、他方がイサム家・彫刻庭園です。それぞれで30分ほどが見学可能な時間です。

 アトリエは掃き清められていて歩くたびに足跡が残ります。三十人ほどの見学者が作品を見て回るわけで、すぐに足跡だらけになってしまいます。でも、きれいにしてから見学者を迎え入れてくれる気持ちが嬉しいです。

 アトリエには、完成、未完成の作品が所狭しと展示されています。個々に好きな作品もありましたが、ここは全体で一つの作品と感じました。個々の作品を一つ一つ鑑賞するのも良いのですが、アトリエ全体の雰囲気を感じるのが極上と思いました。

 展示倉には「エナージーボイド」を筆頭に大作5・6点が展示されています。
 「エナージーボイド」は、一昨年、札幌で、屋外展示されているのを見ました。今回は室内展示ですが、随分と印象が異なります。室内に差し込む光の関係で、輝く部分と陰影が明確になって、先鋭さをより強く感じました。

 「エナージーボイド」のような大作にはしっかり対峙して、何かを理解したいと思います。しかし、そのように思う以前に畏敬の念を抱いて、すごすごと引き下がってしまう、と言うのが本音です。基礎知識をしっかり仕入れておく必要があります。

 「形の良い自然石がきれいに二つに割れたので、そこに骨を収めた」、このような内容の文書を芸術新潮で見かけたのは二十年近く前でしょうか。添えられた写真から、暖かな日差しの小高い丘で永眠するイサムノグチの印象が頭に刻み付けられていました。

 彫刻庭園はのどかな雰囲気で、ゆったりした気持ちになります。桜には早い時期でしたが、静かに花見をするのも一興だと思いました。例の石は印象のままに、庭園の一段高い場所にありました。印象と寸分違わない雰囲気であったので、何かわかりませんがほっとした気分になりました。

 「イサムノグチ庭園美術館」は予約制で、時間の制限もあって、鑑賞するための制約があります。陽気の良い時期に、シートでも広げて寝転んでいたい気持ちもしますが、それも不可能です。良い環境を維持するためには多少の制約は仕方ないかも知れません。イサムノグチ本人の意向でもあるようです。

 直島への往路に組んだ予定でした。ようやく、念願かなって「イサムノグチ庭園美術館」を訪れることができました。直島からの復路に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館による予定でした。残念ながら、ミスがあって今回は訪問できませんでした。次の機会は入念な予定を立てたいと思います。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

直島・地中美術館のこと

 大いなる期待を抱いて直島を訪問したのは既に一月前のことです。目的は、「NAOSHIMA STANDARD 2」展と地中美術館の参観、前々回の訪問で知り合ったSさんと再開することでした。

1  直島の最南端の小高い場所、立体式塩田跡の地下に建設された地中美術館は、完成後に埋め戻されたので今は概観を見ることができません。2003年の直島訪問時、地中美術館は建設中でした。写真の右側、クレーンのあるところが建設中の地中美術館です。

2  今回訪問の帰路、フェリーボートから地中美術館を撮影しました。写真の左側、かすかに見える建屋が地中美術館のはずです。右側の建屋がミュージアム(兼宿泊棟)、その左上の建屋がオーバル(宿泊棟)。ミュージアム後方の丘を下ったところにビーチとパーク(いずれも宿泊棟)。一帯の海岸は専用ビーチです。直島の南側はベネッセの空間、美術のエリアになっています。

 さて、地中美術館ですが、ちょっと変わった美術館です。というのも、クロード・モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームズ・タレル、この3人の作品を恒久展示しているからです。しかも、各々の作品が一室の展示空間を占有しています。というより展示空間が作品の一部を構成しています。ゆえに、建築家・安藤忠雄を加えた4人の作品が展示されていることになります。

 再びさてですが、地中美術館はなんだか堅苦しいな、というのが素直な感想です。監視員(多くはボランティアのようです)に見守られながら作品を鑑賞しているような気分です。人数制限しながらより良く鑑賞してもらおうとの配慮だとは思いますが、もう少しさりげなく案内して貰えると良いです。鑑賞料2000円も相対的に高いと思います。まあ、直島まで出かける費用に比べたら無視できるのですが。

 モネは好きです。大きな四角い部屋の正面に2mH×3mWの2枚組みの睡蓮、圧倒される思いがします。左右および後方に4枚が展示されています。でも、この空間はどうも落ち着きません。動線が不明確なせいでしょうか。一層、寝転がって一時間でも、二時間でも観てたい思いがしました。でも、待っている人がいるから。

3  ウォルター・デ・マリアは、重厚な空間を醸し出していますが、明確な思いは形成できていません。天井から差し込む光の変化を感じながら、日がな一日、この空間に身をさらしたら何かを感じるかも知れません。でも、屋外に展示されている直島の風景を写しこんだ作品のほうに、私は愛着を抱きます。

 ジェームズ・タレルは、既に多くの作品を鑑賞しました。よって新鮮な思いは抱きませんでした。
 ナイトプログラムも鑑賞しました。ブランケットと椅子の背中部分の暖房で寒さしのぎながら小一時間、夜空を観ていました。直島でも、降るような星空を眺めることはできません。そういうことを感じさせることに意義があるかも知れません。

 多くは書きませんが、何とかSさんにも会えました。直島訪問の目的達成です。
 心残りは、金座の予約が取れず鑑賞できなかったこと、蔡国強「文化大混浴」の予約を取っていたのにあまりの寒さのためキャンセルしてしまったことです。貯金がたまったら、また出かけようと思います。

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

NAOSHIMA STANDARD 2展のこと(その3)

Dsc_0028  妹島和世+西沢立衛/SANAAの「空」は、本村の民家と民家の間の広場に作られた巨大なモビールです。ステンレス(?)の棒と板で作られた雲。頭上で風に揺れ、周囲の影を移し、輝きを変えて、のどかな雰囲気を醸し出します。人工の雲との対比により、普段何気なく見る空をより鮮明に感じます。だから、雲でなく「空」?。

Dsc_0226  宮本隆司の「ピンホール直島」は、幅180Cm、高さ150Cm、奥行き90Cmの巨大なピンホールカメラで撮影された写真展示。カメラ中に入り込んだ本人をも写しこんだ直島の風景は、深い青みを帯びていて敬虔な気持ちさえ湧き上がります。時代の先端を行くディジタルカメラの対極にある原始的なピンホールカメラから、なぜこのような感動が生まれるのでしょうか。牛舎、幼稚園、音楽教室、卓球場と歴史を重ねた木造の建屋、現名称ピンポンギャラリーでの展示も良い組み合わせです。

Dsc_0186  須田悦弘は、元碁会所跡に建てた建屋の畳に、木で作られた椿を散らしています。椿は木であろうといぶかしく思うでしょうが、そうではないのです。朴の木を削りこんで花弁を作り、重ねて、椿を作ったのです。天気の加減で明るさが中途半端だったせいか、目に鮮やかな印象は薄かったです。一層、もう少し薄暗いと印象は異なったかも知れません。2001年の作品、木で作った竹には大いに驚かされました。他所ですが、木で作った睡蓮も目にしました。感動する気持ちが少し薄れたかもしれません。常に新鮮な気持ちを持てれば、そう思います。

Dsc_0181  千住博は、製塩業で財をなした石橋家の母屋と内倉を使用して「滝」の連作を展示しています。母屋には、赤、青、黄などの原色で描かれた15の滝の絵が連なっています。内倉には、壁の二面を使った紺色を基調にした滝の大作が展示されています。薄暗い内倉の大瀑布の絵からは、絶えることなく落ちる水の音さえ響いてくるような気さえしました。絵だけでも、内倉だけでも、このような気持ちは得られないでしょう。

Dsc_0132 杉本博司の「タイム・エクスポーズド」は、海から立ち上がるいくつかの崖に展示された作品。意味は理解できませんでした。後に解説を読んで意図するところは判りましたが理解が進んでいません。しかし、何であろうかと最も考えた作品ではあります。

 デイヴィッド・シルヴィアンは、直島を訪れた際に触発されて製作した音によるインスタレーションです。「空」の脇で、iPodを借り受けて聴きながら他の作品を巡り歩きます。しかし、目に気持ちが集中し、音すれど聞こえず状態でした。私には印象の薄い作品になりました。

 ようやく「NAOSHIMA STANDARD 2」展の整理ができました。再訪すれば、もう少し良い鑑賞者になれると思います。会期はあと一週間残っています。しかし、横浜から直島は遠い。残念ながら、いずれかの機会を待つことにします。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »