« 梅を見に行きませんか・田浦梅林(神奈川県横須賀市) | トップページ | カフカ・変身 »

2007年3月 4日 (日)

神武寺・鷹取山ハイキング(神奈川県横須賀市)

 2月25日、神武寺・鷹取山ハイキングに行ってきました。18日の田浦梅林の観梅ハイキングに続いて小ハイキングです。昨秋から、仕事や家の中の用事が重なってハイキングもいけない状態だったので、少しづつ足を慣らし本格的なハイキングにまた出かけようと思っています。

 京浜急行・神武寺駅下車、横浜方面から行けば、駅前の道を10分ほど戻るようにして山道に折れます。わかりにくいので要注意。

 その間、左手には「池子の森」が広がっています。「池子の森」には長いこと人手が入っていないので豊かな自然が残っているそうです。とは言うものの日米軍事施設があって、一般人が立ち入ることはできません。残念なことですが。

 神武寺駅から30分ほどで神武寺に到着します。山の中の小寺で、正式には医王山来0052_1 迎院神武寺と言う天台宗のお寺です。風は強いものの春の日差しの中で、堂宇からはおだやかな印象を受けました。
どなたが選んだかは判りませんが、三浦半島八景の一つが「神武寺の晩鐘」です。立派な鐘付堂もあります。傍らに六地蔵が静かにたたずんでいます。

 ちょっとした鎖場のある路を30分ほど歩くと鷹取山に到着します。まず目に付くのが、ロッククライミングの練習をしている光景です。ざっと見た限りですけど、男性より女性の方が多く、若い人より年配の方が多いように思います。

 ひときわ高い位置にある展望等からは四方に視界が開けます。東は東京湾、西は丹沢山塊から富士山、南は三浦半島の山々、北は横浜ランドマークタワー・ベイブリッジ。

0055_1  京浜急行追浜駅に向けて下ります。途中、磨崖仏の交脚弥勒菩薩像を拝みます。山道はさほど続かず、大きな団地に入り込みます。後は、住宅街の歩道を駅に向かいます。神武寺から追浜駅までは正味2時間ほどの行程になります。

 小学校の遠足で鷹取山に行った記憶があります。確かなことは覚えていませんが、もっと山深かったように思います。子供の足ですから今とは大きく異なった感じだったのかも知れません。でも、住宅地が山を狭めていったのは確かです。半世紀ほど時間の経過は、自分自身も、取り巻く世界も大きく変えていきます。

| |

« 梅を見に行きませんか・田浦梅林(神奈川県横須賀市) | トップページ | カフカ・変身 »

コメント

以前にお伺いさせていただいていますMAKIです。

私は地理に乏しく、イン・ドアタイプですので、せっかくのページの内容についていけません。
でも写真にて観賞させていただいてます。
広範囲におよび、多様な体験は素晴らしく、その文筆活動を続けられていることが、また素晴らしいと感じています。
 
六地蔵と交脚弥勒菩薩像に惹かれました。
赤いお地蔵さんがなんともいえないですね。

私はHPの更新に慣れてきて、ブログで自分にむけてのささやかな努力をと試みているところです。


投稿: Maki | 2007年3月18日 (日) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神武寺・鷹取山ハイキング(神奈川県横須賀市):

» 仏教・佛教 佛教の教えとは。仏教の道。佛教ニュース [仏教・佛教 佛教の教えとは。仏教の道。佛教ニュース]
佛教ニュース [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 12時51分

« 梅を見に行きませんか・田浦梅林(神奈川県横須賀市) | トップページ | カフカ・変身 »