« 和布刈神社あるいは和布刈神事のこと | トップページ | 富士をあなたに »

2006年12月31日 (日)

JR門司港駅のこと

 少し間が空きましたが、「和布刈神社」の続きです。

Img_0661s  かっては九州の玄関であったJR門司港駅、大正3年(西暦1914年)に建てられた九州最古の木造の駅舎は重要文化財に指定されています。駅舎内を巡ると、駅頭で繰り返されたであろう喜怒哀楽の歴史が感じられます。概観はネオ・ルネッサンス様式、左右対象の造りが特徴、噴水のある広場と一体となって美しい景観を作り出しています。

 1階のトイレにある青銅製の手洗い器では幸運の手水鉢(ちょうずばち)と呼ばれ、門司駅開設当時からそのままの姿を保っているそうです。一抱えで余るほどの大きさですが、戦時中の貴金属供出から免れたことからその名が付いたようです。トイレと独立した洗面所は、長旅を終えて、あるいはまだ続く旅のオアシスとなっていたことでしょう。かっての旅の重みが偲ばれます。

Img_0662s  駅前広場を出たところに木造2階建ての旧三井倶楽部があります。重要文化財に指定されている建屋は、大正10年(西暦1921年)、三井物産の社交倶楽部として建築されました。その後所有は国鉄に移り、平成2年、JR門司港駅前に移築・復元さたとのこと。
 アインシュタイン博士夫妻が宿泊された部屋も、当時の状態のままに保存されているそうです。私は見学しませんしたが。博士は講演を終えて門司港から旅立ったそうです。

Img_0665s  昭和初期まで税関庁舎として使用されていた建屋が、船溜まりのむこうで偉容を誇ります。明治42年の門司税関発足を契機に、明治45年(1912年)に建てられた煉瓦造り瓦葺平屋構造の建屋です。昼間は建屋内に入れます。1階はエントランスホール、休憩室、展示室など。2階はギャラリーになっていますが、近代建築では見ることのない磨きあげられた木の床に、何とも言えない豪華さと歴史を感じてしまいました。私たちは多くのものを得る代わりに、同じくらい多くのものを失っているのではないでしょうか。

 JR門司港駅から門司港にかけたレトロ地区は猫の額ほどの広さしかありませんが、かっては世界に通じる窓口だったことでしょう。ふと、北海道小樽のことを思い浮かべました。なんとなく、雰囲気が似ています。例えば、積極進取の気概があるような。

 私の住む横浜にも、神奈川県庁・横浜税関・開港記念会館の尖塔を、各々、キング・クイーン・ジャックと呼んで横浜のシンボルとした時代がありました。古い港町には多くの人の歴史が刻まれているように思います。

 さて2006年も残すところ2時間余、横浜では港に停泊する船が鳴らす汽笛で新年を迎えます。最近は汽笛の音も小さめで、横浜市歌に「百船百千船」と歌われた様子はありません。さて門司港はどのように新年を迎えるのでしょうか。

 いずれの皆様も良い新年を迎えられますよう祈念して、2006年の書き収めとします。

| |

« 和布刈神社あるいは和布刈神事のこと | トップページ | 富士をあなたに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR門司港駅のこと:

« 和布刈神社あるいは和布刈神事のこと | トップページ | 富士をあなたに »