« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

東京国立博物館「仏像」展のこと

 10月3日から開催されていた「仏像」展、会期は12月3日までですが、先日、ようやく鑑賞できました。東京・横浜は遠いこともありませんが、仕事や家の都合もあって会期末近くになってようやくでかけました。

 当日は雨の日曜日でしたが、多くのお客さんが入場していました。JRの多くの駅に大判のポスターが掲示されているので、その影響も多分にありそうです。しかし、良い企画であるから多くの人をひきつけていることは確かでしょう。多くの人が入場することは歓迎すべきことですが、ゆっくりと鑑賞できない難点が生じます。

 「一木にこめられた祈り」の副題が示すように、一木から彫り出された仏像ばかりです。全体的に素朴なつくりです。木肌が現れたり、目鼻立ちが鮮明でなくなりつつある仏像もあって、いずれは土に戻る人間らしさ?も感じました。

 順路の初めは国宝・重文の十一面観音が10体以上並んでいます。これは何とも贅沢な光景です。次々に見ていくと、スタイル、ポーズ、胸飾や瓔珞なども一つとして同じものはありません。十一面観音の特徴である頭上面も、大ぶり小ぶり、左右の面を大きくしたりなど、これまた様々です。施主や仏師の思いがこめられているのでしょう。古寺を巡って一体づつ見ても判らないことはありませんが、首を左右に振るだけで異なる仏像を比較できるので、仏教美術の鑑賞には何とも贅沢な状況でした。

 十一面観音の白眉は、琵琶湖の北部に位置する高月町渡岸寺観音堂(向源寺)のそれです。過去に何回か拝観したことはありますが、門外不出のこの仏像を間近に見ことができるのは幸せです。しかも360度、どの角度からも鑑賞できるように展示されています。後の暴悪大笑面もよく鑑賞できます。この展示方法に対して関係者に拍手です。他の多くの仏像も背面を見られるように展示されていて、割れや反りを防止するためでしょか、背中が大きく抉られている様子なども良く判りました。重ねて関係者に拍手です。

 なた彫りの仏像と言えば円空・木喰ですが、それぞれが大きなスペースで展示されていました。生涯に造った数に比べれば微々たる数の展示ですが、それでもこれだけ多くの仏像を一気に見られる機会は滅多にない筈です。

 私は木喰より円空が好きです。木喰はなた彫りとはいいながら彫が細部に及びすぎているように思うゆえです。円空は、丸太を割って、割れた面になたを何回か打ち込んだだけと思えるような荒々しい、粗野な仏像ですが、そこに惹かれます。展示されていたうちでは十二神将がとても素敵でした。瞬間、版画家棟方志功の釈迦十大弟子が思い浮かびました。どちらも窮屈な空間に対象を刻みこんでいます。立体と平面の差はありますが、素の木の形に制約を受けながら作品を作りだしているところに共通性があります。そして制限があるがゆえにより表現が豊かになっていることも共通しています。

 入場料は少々高く思えますが、内容の充実ぶりを思えばむしろ安いかと。仏教美術に興味ある方必見。仏教美術に興味ない方も出かけてみませんか。ひょとして仏教美術に目覚めるかも知れません。
 私ももう一度出かけたいと思っているのですが、時間の都合がつくかどうか。

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月27日 (月)

お酉さんのこと

 三の酉まである年は火事が多いとか。今年は三の酉まであるので、より防火に注意しましょう。今年の酉の日は、11月の4日、16日、28日です。残すは28日の三の酉のみ。

 お酉さんは、商売繁盛・開運招福のご利益があると言われることは承知しています。が、そもそもの始まりは何だったのでしょう。あるHPには「江戸時代から行われているお祭りで、発祥の地は東京・足立区にある鷲大明神(大鷲神社)。もともとは地元の農民が収穫を感謝する収穫祭として始まった酉の市ですが、露店などが立ち並び、次第に大勢の人々で賑わうお祭りへと変化していきました。」とあります。私は最後の部分しか認識していませんでした。

 自宅から最も近いお酉さんは横浜真金町の大鷲神社です。一の酉に出かけたときに案内を良く見たらご祭神は金刀比羅様でした。落語家の桂歌丸さんがこの界隈にお住まいだとか。昼間でかけたので人出はそれほどでもありませんでした。しかし、縁起物の大きな熊手には売約済みの札が沢山下がっていました。何十万円もするようです。私は小さな熊手を手にしてつつがない生活を願うことにしました。

 ところで、お酉さんは関東周辺だけの祭事のようですが、どなたかくわしいことをご存知ですか。関西で7年余過ごして気付いたのは、お酉さんはなくて1月9・10・11日の恵比寿さんが商売繁盛の祭事だということでした。横浜では恵比寿さんの話題を聞いたことはありません。
 今、名古屋で半分生活していますが、お酉さんも恵比寿さんの話題も聴きませんが、単に私が知らないだけでしょうか。狭い日本でも、結構、様子が違うものですね。

 もう一つところで。お酉さんの熊手は、手のひらに例えると内側に飾り物が付いているのですが、恵比寿さんの熊手は外側に飾り物が付いています。初めて見たときびっくりしました。もっとも、恵比寿さんは笹に縁起物を飾るのが本来の姿のようです。

 積極的に調べることもないのですが、毎年、少しづつ判ってくるのもそれなりに楽しいものです。

  ご参考:浅草・酉の市 http://www.torinoichi.jp/
      横浜の祭り http://www5e.biglobe.ne.jp/~ydagame/index.html

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

名古屋市美術館特別展「藤本由紀夫展」のこと

 会期は11月5日(日)まで。もし興味を持たれましたら急いでお出かけください。

 先週末、私は赴任先の知多武豊におりましたので、29日の日曜日、大いなる期待を抱いて名古屋市美術館に出かけました。11時過ぎに美術館到着、まずは館内のレストランでブランチ、お腹がすいていては心落ち着いて鑑賞もできませんので。

00721_11_  オルゴールの機構部が真っ白なお皿に載せてあります。ネジを巻いてお皿に戻すと、ネジの緩む回転で起き上がったり横倒しになったり思わぬ動きをします。発音部に加工がしてあるので、オルゴールの響きは断片的でもはや何の音楽であったかを確認することもできません。自らネジをまいて機構部を動かし、その様子を観察することで作品が完成します。かすかな音や機構部が倒れる意外なほどに大きな音で、非日常的な空間を感じます。私(達)は日常、鈍感に音に接しますが、葉摺れの音で季節の移ろいを感じるような繊細な感覚を持っている筈です。そういう感覚をよみがえらせてくれるのが、サウンド・アーティスト、藤本由紀夫の作品です。

 直径50mm、長さ2m弱の筒が2本、1mほどの高さに 支持されてL字型に置かれています。2本の筒が交わるところに椅子が置かれていて、そこに腰掛けると筒の両端が耳の位置になります。筒を耳に当てると意外な音が聞こえてきます。発音源が組み込まれているわけではありませんから、自分を取り巻く環境の音なのです。しかし、筒のおかげで通常では聞き取れない音が聞こえます。ホールのような場所に置かれているので、硬質でびんびん響く、例えれば、寺院などにある鳴き竜のような音が響きます。「音すれど聞こえず、物あれど見えず」などの先哲の言葉が思わず頭を駆け巡ります。

 通常なら絵画が展示されている筈のガラス張りのケース内に、色違いの目覚まし時計が20個ほど横一列に壁にかけられて展示されています。それを見るなら普通ですが、何とケース内に入り込んで時計の音を聴くのです。入った瞬間はほとんど音を聴き取れませんが、ある瞬間から目覚ましの時を刻む音が鮮明に聴こえるようになります。感覚が研ぎ澄まされるのでしょうか。夜中に響くちょっとしたもの音が、意外に気になるような状態かも知れません。

91212_23__1 美術館に音を聴きに行く、そういう面白さがあります。
 特別展の副題は、「ここ、そして、そこ」、そこ(THERE=見ること)には、ここ(HERE=聞くこと)が含まれるということ。非日常的な世界を知ることで日常的な感覚を磨きなおす、藤本の作品に難解なものはありませんが、その奥は深いと思います。

 でもね、もっともっと楽しいと思って出かけたのに、なぜ。
 展示の仕方が美術館然としているせいか。鑑賞者が少なく、他の行動に刺激されたり、私が刺激したりする関係性の稀薄なせいか。はたまた、西宮市大谷記念美術館で開催された「美術館の遠足」の印象が強く残るせいか。

 添付写真は大谷記念美術館「美術館の遠足(1999年、2000年)」より、名古屋市美術館は撮影禁止です。念のため。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »