« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月25日 (水)

ララ物資のこと

 散歩の途中で香淳皇后の歌碑が目に留まりました。上五に「ララの品」とあるので、ララ物資のことだと思って丁寧に見てきました。歌碑は、横浜港未来21地区赤レンガ倉庫から、海縁に沿ってランドマークタワーの方へ向かって5分ほど歩いたところです。歌碑には次の二首が刻まれています。

  ララの品つまれたる見て とつ国のあつき心に 涙こほしつ
  あたヽかきとつ国人の 心つくし ゆめなわすれそ時は へぬとも

 歌碑の脇の立派な石碑に次の文書が刻んであります。

  第2次世界大戦後の多くの日本人を救った「ララ」物資

  第2次世界大戦終戦直後の混乱期、日本は衣食住すべてに不自由してい
  た。こうした中、全米の各宗教団体を中心とする海外事業運営篤志団ア
  メリカ協議会は、特に日本をはじめアジア諸国の救済事業を行うために
  『アジア救援公認団体』を設置し、ミルク類、穀物、缶詰類、油類等の
  食料をはじめ、衣類、医薬品、靴、石鹸、裁縫材料などの消費物質のほ
  か、乳牛や山羊などを送り、多くの日本人を救った。
  この物資の送り出しにあたっては、当時の在米邦人組織の方々の多大な
  ご尽力もあったと伝えられる。
  この救援物資は、『アジア救援公認団体』の英語名”Licensed
  Agencies for Relief of Asia”の頭文字から「ララ」物資と呼ばれ、
  昭和21年11月30日に「ララ」物資を積んだ第1船ハワード・スタ
  ンズペリー号が、ここ横浜新港埠頭に接岸し、以後昭和27年6月まで
  の6年間送られ続けた。
  記念碑の香淳皇后御歌は、昭和24年10月19日に昭和天皇と香淳皇
  后が横浜の「ララ」倉庫に行幸啓になられた時に詠まれたものである。
  「ララ」物資を送って頂いた方々への深い感謝と、当時ご尽力された方
  々のご功績を後世に永く残すため、多くの方々からの募金によりこの記
  念碑を建立する。

  平成13年4月5日
                           「ララ」の功績を後世に残す会

Img_0093 ララがララ物資であることは思い浮かびますがそれ以上のことは知りませんでした。この歌碑から戦争の悲惨さは微塵も伝わりません。私は俗に言う段階の世代に属します。すなわち、太平洋戦争を経験していません。しかし、敗戦後の困難な状況を子供心にかすかに覚えています。最近、それで良いかと思い、関連する本を読むようにしています。例えば、敗戦後の困難な生活の様子は、『誰も「戦後」を覚えていない・鴨下信一著・文藝春秋社発行』から想像できます。参考のため一部を引用しておきますので、興味惹いたら是非とも全文を一読して下さい。

  敗戦のレシピ --代用食を美味しく食べる方法

  国策炊き -- 玄米でも七分搗きでも同様、米を水に漬け、浮き上が
  った塵を流す程度にして笊にあげて水を切らずにそのままちょうど20
  時間おいて炊き出す。この間に充分に水を吸った米は成分を最高度に膨
  張させるのである。

  大根めし -- 玄米を早く炊き上がらせるためと、玄米の栄養上の欠
  点を補う意味で大根を入れて炊くとよい。

  代用醤油 -- 濃い塩水で昆布、若布、ひじきなどの何でもいいです
  から海藻類を気水に煮込みますと、色といい味といい醤油に近いものが
  できます。

  進駐軍の放出物資 -- 致命的な飢餓状態を救ったものに進駐軍の放
  出物資がある。これが配給ルートにのせられてずいぶん助かったことは
  間違いない。しかし友達の誰に聞いても、あの<乾燥卵>には参ったと
  いう。卵の黄味を乾燥させて粉にしてある、これを水に溶かして卵焼き
  にする。あの時代、天来の美味といいたいところだが、これが不味い。
  それだけではすまない。これを10日も続けて、(これだけを)食べろ
  というのだ。

 想像できますと書きましたが本当に想像できるでしょうか。想像できないと戦争の悲惨さも理解しにくいかも知れませんが、いかなる理由があろうとも戦争は許されるものではないと思います。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

横浜美術館「アイドル!」展のこと

 一週間前の日経新聞に、主要公立美術館を格付けする「美術館の実力調査」の結果が、2ページにわたって掲載されていました。その中で、横浜美術館は総合で最高ランクの「AAA」の評価を得ていました。調査3部門の各々は、地域貢献力1位、学芸・企画力6位、運営力9位です。

 何でも評価すれば良いとも思いませんが、ある尺度で計ったらこのような結果が得られたということで、関係者はそれなりの達成感を抱いているかと思います。私は勝手に、横浜美術館をマイ・ミュウジアムと思っているので、その恩恵に属していることを有難く思います。

 さて、話を主題に進めます。
 今、横浜美術館の企画展は「アイドル!」、2008年1月8日まで。案内チラシはサトエリの上半身写真ですから、およそ美術館らしくない企画であることはそれだけでわかります。でも、美術館らしいって何でしょうか、言っている自分が良くわからないのですけど。

 既知の作者は草間弥生と篠山紀信のみ。

 何で草間弥生かと。が、「現代美術界でもっとも影響力のある草間の存在を、現代美術のイコンあるいはアイドルとしてとらえる」とのこと、納得できます。映像作品中の草間は、黒地に赤の水玉の衣装でアイデンティティを主張します。ハイビジョンの映像はあまりにも鮮明で、まるでそこに草間がいるようです。映像中の自作詩の朗読は、多少耳の遠くなった私にはぼそぼそ聞こえて認識困難。それでも一瞬にして草間の世界に引きずり込んでしまうところが凄い。

 篠山紀信は、TV番組「NHK特集 山口百恵 激写/篠山紀信」を上映。多くの人が長いすに座って鑑賞していました。他に、雑誌BLTおよび明星の表紙を引き伸ばして、ピンクレディ(当時)などの代表的なアイドルの移り変わりを見せています。

 他の作者は未知でした。映像あり、コミックあり、ゲームありで、楽しいです。一つ一つをよく見るというより全体的な雰囲気が楽しくて目から星が出そう。見終わったら周りがピンク色に染まります。

 関係者には叱られるかも知れないけど、美術館なんて改まった気持ちで出かけるような所では無いと思います。企画展「アイドル!」は、「そうは言うものの」と思うような方の垣根を低くする意図を含むように思います。日ごろ美術館に疎遠な人も、この際、足をむけませんか。

 改まった気持ちで美術館に出かけなくても、良い作品に出逢えば自然と心改まります。心改まる作品が良い作品だと私は思います。

 11月3日は横浜美術館の満17歳の誕生日、「当日、入館料は“無料”です。ぜひ、来て! 観て! 楽しんで! いってください。」ってHPの隅のほうに書いてあります。

| | | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月10日 (火)

第8回港よこはまツーデーマーチのこと

 10月7日・8日、第8回港よこはまツーデーマーチが開催されました。風はやや強いものの好天に恵まれた2日間でした。私は1日目40Km、2日目30Kmコースを20Kmに変更して、いずれも完歩しました。家族は両日共に20Kmコースにエントリーし、いずれも完歩しました。

Img_0008 スタート・ゴールは、両日共に横浜港未来21地区の日本丸メモリアル・パークです。

 1日目は潮騒コースと称し、南に向かって八景島シーパラダイス至り、そこを折り返し点とするコースです。

 スタート直後から5Kmほどは古い桜並木が続く大岡川沿いに歩きます。弘明寺の観音通り商店街を少し歩いて鎌倉街道・旧道から一山超えて磯子に向かいます。普通の町並みが続き、淡々と距離を稼ぐ状態です。

Img_0012  八景島のチェックポイントは21Kmを過ぎた辺り、途中休憩なしに4時間弱で到着。私は時速5Kmほどで歩きますから多少オーバーペース気味ですが、それでも集団の後尾に近いほうです。さすがに40Kmにエントリーする方々は健脚揃いと感心しました。早さを競うわけではありませんが。
 八景島周辺から眺めは最高、東京湾を行き来する船、房総半島が手に取るように鮮やかに見えます。

 20分ほど食事休憩をして復路につきます。復路も工業地帯から変化のImg_0018ない町並みが連きますが、残り7Kmほどから坂を上ります。
 登りきる少し手前に「山手のドルフィン」。30年近くも店に入ったことはありません。私には古い店構えだった頃しか記憶にありませんが、それすらあやふやです。「坂を上って きょうもひとり来てしまった/山手のドルフィンは 静かなレストラン 荒井由美・海を見ていた午後」。荒井姓であったころのユーミンに惹かれます。若いつもりでも随分長いこと生きてきたと思います。
 感傷に浸る間もなく日本競馬発祥の地である根岸森林公園。少し歩いて外人墓地、海Img_0019の見える丘公園、山下公園を経てゴール。遠来のウォーカーには、最後で横浜らしさを感じていただけることになります。

 15時50分にゴール着。所要時間8時間20分、休憩合計30分、正味歩行時間7時間50分。
 途中で、家族に追いつくつもりでしたが、1時間半ほど先にゴールされてしまいました。40Kmコースは20Kmコースよりも1時間半早くスタートするのですが、さすがに倍の距離を歩くので追いつけませんでした。家族の話では、40Kmコースの先頭集団には追い抜かれたと言っていました。翌日の新聞によれば時速8Kmほどで歩くようです。歩くというより小走りですね。

 2日目は、開港と公園コースと称し、主に北に向かう周遊コースです。

Img_0063 急遽、20Kmコースに予定変更したのは、足底に多少の痛みが残っていたことと、家族一緒に歩こうと思ったことによるものです。

 スタートすると山下公園、中華街、伊勢佐木町、野毛山公園の横浜名所を通過します。その後、サッカーファンならご承知の三ツ沢競技場を経ますが、全体的にはローカルな町並みを縫うようにして進みます。最後は港未来21地区に北のほうから進入してゴールを目指します。

 コースの大半は私の散歩コースと重なり、生活圏の一部も含まれますので新鮮味はありませんでした。しかし、コースが小高くなった所からは富士山が遠望されImg_0061て、しばしのくつろぎを与えてくれました。

 横浜ツーデーマーチは、市街地にコースが設定されているので変化に乏しい気がします。それとも私の生活空間と重なる部分が多いからでしょうか。遠来のウォーカーも多かったのですが、横浜をどう感じて頂いたのでしょうか、気になるところです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

壮絶な化粧:ダムタイプ「S/N」の記憶

 サラリーマンですが、勤務場所が二箇所あるような変則勤務なので、週に一・二日は電車で、残りは自動車や自転車で通勤します。利用する電車は名古屋と横浜近郊の私鉄です。

 電車の中で化粧する女性はどちらでも見かけます。珍しい光景ではなくなりました。OLに負けじと女子高生もがんばっています。

 時々、私は、筆や刷毛を使用して美しくなっていく様子を横目で観察します。筆や刷毛までは良いとして、ビュランとかいう、美しくなるには不釣合いな器具を使用してまつげをカールさせていたりすると気が気ではありません。電車が急ブレーキでもかけたら、その美しい目を傷つけてしまうのではないかと。

 私が人前で公然と化粧する様子を見たのは、もう10年以上も前のことでした。それは電車の中ではなく舞台の上でした。

 ダムタイプは、もともと京都芸術大学の学生たちによって結成されたパフォーマンス集団で、いろいろな編成で活動するようです。私は、ダムタイプの舞台を過去3回観ていますが、2回は身体表現を中心にしたパフォーマンス、1回は倉庫状の空間でオールスタンディングの映像と電子音楽によるコンサートでした。写真展のような活動もあるようですが詳しくは知りません。

 私が初めて観たダムタイプの舞台は、第1回神奈川芸術フェスティバル(横浜・ランドマークホール・1994年12月)における「S/N」で日本初演、そして、ダムタイプの中心メンバーであったFの遺作です。「S/N」とは「信号/雑音」のことで、電気・電子分野でよく使う技術用語です。

 舞台の上手から下手にかけて人の背丈以上の高さの台が据え付けられて、その上で身体表現があったり、台の側面に短い言葉が写されたりします。

 ある場面、台の上でFは化粧をしてドラッグ・クィーンに変身します。変身している最中に「僕エイズなの」と言ったように記憶しますが、エイズであることをカムアウトします。

 エイズとは雑音なのか、マイノリティは雑音なのか、そういう社会的メッセージの発信と私は認識しました。表層的かもしれませんが、報道でしか認識していなかったエイズを、観客の一人としてカムアウトされたのですから、心中穏やかではなくなりました。何に対してか判りませんが、大いなるショックを受けました。

 最後は、女性の股間から万国旗が延々と引き出される場面でした。

 おおよその進行はこちらから、Projects、S/Nと進むと参照可能です。
 化粧姿と万国旗の女性はこちらで参照可能です。

 電車の中で化粧する人を見ていてふと思い出しました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »