« 私的名所・その2:御堂筋の芭蕉終焉の地 | トップページ | 壮絶な化粧:ダムタイプ「S/N」の記憶 »

2006年9月25日 (月)

大山に登ったこと

 昨日(23日)大山に登りました。大山とは、相州大山(おおやま)のことであって、伯耆大山(だいせん)のことではありません。日本語は難しいです。関東圏の人は相州大山のことを思うでしょうし、関西・中国圏の人は伯耆大山のことと思うでしょう。登山やハイキングに関心の無い人は、どうでも良いかも知れません。

Ooyama  下り東海道新幹線が新横浜を出発して10分ほど過ぎると、関東平野に終止符を打つかのような山並が目に入ります。丹沢山塊ですが、その一番手前に毅然と聳える独立峰が大山です。標高1250m余、別名を雨降山(あめふりやま)。山岳信仰の山でもあって、中腹に阿夫利神社下社が、山頂に前社、奥社があります。

 大山に登るのも久しぶりですし、ハイキングらしいハイキングも一年ぶりです。珍しく会社の仲間と一緒でした。何の拍子に大山に登ることになったかは、鮮明な記憶が残っていません。たぶん、体力作りに関する話題あたりから発展して決まったと思います。

 8時30分ケーブル下バス停到着。9時全員集合、予定とおりに出発、女坂を登ります。女坂とは言え、歩き始めに階段続きは応えます。9時45分下社下に到着。下山後に参拝することにして、見晴台へと歩を進めます。ゆるやかな登りで、ようやく調子が出てきます。10時過ぎ見晴台到着、小休止。名前のとおり大山東面が見渡せます。台風の影響か風は強いものの朝方の曇りから好い天気に変わっていました。

 10時15分出発、本格的な山登り開始。道は結構荒れています。登山者が多いせいでしょうが、自然保護の観点からどこでバランスをとれば良いのか、しばし頭を悩ませます。結論なし、そう簡単に結論が出るわけありません。途中の小休止、木々の切れ目から相模湾が見えます。西は真鶴岬、東は相模川河口辺りまで確認できますが、その先は霞んでいます。一しきり歩いて12時20分過ぎに山頂到着、結構大勢の人がいました。雲は北から南へ勢いよく流れますが、南側の多少低い部分は風の影になって、さわやかな秋を感じさせました。昼食。

 13時下り開始。やびつ分岐、本坂を得て45分ほどで下社前に到着。岩だらけの歩きにくい道ですが、上りに比して快調に降りてきました。この先、バス停までケーブルに乗りたい人もいるかと思い、15分ほど休憩して14時解散。

 私は多少歩き足りないのでみんなと別れて自主トレ。下社から蓑毛分岐へ、この間ほとんど高度差なし。蓑毛分岐から高取山、弘法山を通過、その先鶴巻温泉駅へ向かうつもりが、いつもと違う道を歩いたら一駅となりの東海大学駅に出てしまいました。16時。下社から3時間、多少の筋肉痛は覚えたものの久しぶりのハイキングを無事走破。事故があってはいけませんが。

 ルートはこちらを参照願います。添付写真はストックから探したもので、厚木市金田、国道246号と129号が交差する付近から見た大山です。

| |

« 私的名所・その2:御堂筋の芭蕉終焉の地 | トップページ | 壮絶な化粧:ダムタイプ「S/N」の記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大山に登ったこと:

« 私的名所・その2:御堂筋の芭蕉終焉の地 | トップページ | 壮絶な化粧:ダムタイプ「S/N」の記憶 »