« 美しい日本語のこと | トップページ | ぶうでん・醤油鯛のこと »

2006年7月10日 (月)

ほうづき市のこと

 15時ころ横浜の自宅を出発して東京浅草に向かいました。横浜・浅草は、京浜急行から地下鉄に直接乗り入れますので浅草まで直行、Img_0006_2 小一時間。

 今日・明日(7月9・10日)は浅草寺寺内でほうづき市が開催されています。何軒の露天が出ているかわかりませんが、ほうづき、ほうづき、ほうづき。縁起物ですから心意気で買うのでしょうが、参考までにお値段を。一鉢2500円。二三の露天で聞いた限りですが、どうも統一価格のようです。高いと思ってはいけません。あくまで心意気、心意気。

 鉢植えのほうづきはまだ若く、かすかに赤みを帯びたものもあります。しかし、大体がまだ緑色です。台風の影響で天気も悪く、葉の緑と実の赤との鮮やかな色彩の対比は感じられませんでした。家に持ち帰って丁寧に育てる。楽しみは先のことのようです。
 真っ赤にうれたほうづきがほしい方、たくさんの実をつけた一枝が売られています。

 はじめに言わなければいけませんでした。今日・明日は浅草寺の四万六千日。すなわち、今日・明日中にお参りすると、約120年間、毎日をお参りにしたのに匹敵するとのことです。お忙しい皆さん、ぜひ明日中にお参りに出かけませんか。10日の夕方になれば、ほうづきも多少はお安くなるのではないでしょうか。

| |

« 美しい日本語のこと | トップページ | ぶうでん・醤油鯛のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほうづき市のこと:

« 美しい日本語のこと | トップページ | ぶうでん・醤油鯛のこと »