2022年6月21日 (火)

江ノ島道石上地蔵

旧東海道を上方に向かう場合、藤沢宿江戸見付を過ぎ遊行寺橋(旧大鋸橋)を渡ると、江ノ島神社一の鳥居がありました。旧東海道は北へ、宿場の中心部に向かいますが、江ノ島道は反対の南に進みます。
現在の様子は国道一号線、箱根駅伝の難所で知られる遊行寺坂を下りきって藤沢橋に掛かる辺り、脇に江ノ島道を示す道標(移設されたものらしい)があります。

江ノ島へはここから約一里です。前半は鵠沼を、後半は片瀬を進みます。詳しいことは追々にして、鵠沼の江ノ島道から少し逸れた袋小路に、『鵠沼最古の石仏「石上地蔵」』が佇んでいます。民家の一角のようですが良く維持されています。掲示の由縁の一部を次に示します。

『この辺りは片瀬川(古くは固瀬川と書かれた)の「川袋」と呼ばれる曲流が始まるところにあたり、古くから渡船場が設けられていました。
  Photo_20220621201201
 鎌倉時代には石上郷と呼ばれ、源頼朝の霊を祀る鎌倉二階堂の法華堂が支配していました。渡船場は「祗上渡し」と呼ぱれていましたが、天正年間から「石上渡し」と呼ばれるようになったと『皇国地誌』にあります。
 江戸時代初期には幕府の右筆(書記)を務めた旗本大橋家の知行地(所領)となり、うち九石分は鵠沼神明の空乗寺領に寄進されました。
 その時代、一六五四(承応四)年にこの地蔵が造立されました。鵠沼の現存最古の石仏です。』

鵠沼は境川の氾濫原に位置します。明治期の地図では川筋が大きく蛇行しています。今は直流に改修されているので、特に調べない限り気付くことはないでしょう。地蔵は、かつての川筋に合わせて造立されているので、いまは突拍子もない位置になってしまいます。
  01_20220621201201 02_20220621201201
造立されたのは江戸時代になって50年も過ぎた頃、世の中は落ち着いて人々が金沢・鎌倉・江ノ島巡りや大山詣に出かけるようになった頃でしょう。  (2022年6月21日記録)

#武相二万歩 #大鎌倉 #江ノ島道 #鵠沼 #片瀬 #境川 #石上地蔵

| | | コメント (0)

2022年6月 6日 (月)

逗子市やまなみルート

やまなみルートを歩きました。朝比奈切通の南側に平行する古道です。六浦の古老は、回顧話に「塩を作って藤沢辺りに売りに行くと、魚の保存のために幾らでも売れた」とありますが、この道を通ったことでしょう。なお歩行記録の途中の行止りは公園の閉鎖(曜日注意)のためです。

11map

地形的には、在日米海軍横須賀基地司令部の管理下にある「池子住宅地区及び海軍補助施設」、それ以前は帝国海軍の弾薬庫でした。その北側の逗子市・横浜市・鎌倉市の市境の尾根道です。
現在は住宅地区で通行できませんが、逗子市・横浜市の市境は相武国境道で、やまなみルートと直交します。
また六浦方面と鎌倉中あるいは海浜部の間は丘陵続きでした。現在は「鎌倉逗子ハイランド」造成で丘陵が切断されました。

歩くのは3回目ですが、歩いて楽しいルートではありませんし、お薦めもしません視界が開けず、今の時期はかなり草木も繁っています。
なぜ歩いたかと云えば、GPS記録の取直し、古道案内の写真の撮り直しでした。さらには昔の旅人や戦に向かう兵隊がどこを通過したかを想像するためです。

添付写真は案内板、六浦・朝比奈方面分岐、山道を抜けて金沢方面、ルート脇には現状や往時を思わせる標柱。途中で十二所果樹園展望台に寄り道(往復約300m)すれば、東京湾・相模湾を遠望できて多少はハイキング気分に浸れます。

12_20220606135701 13_20220606135701 14_20220606135701 16_20220606135701 15_20220606135701 17_20220606135701  

   (2022年6月6日記録)

#四次元的路上観察 #武相二万歩 #大鎌倉 #鎌倉 #逗子 #横浜 #やまなみルート #池子

| | | コメント (0)

2022年5月 5日 (木)

東海道と開港場を結んだ横浜道

 1858年に結ばれた日米修好通商条約は、神奈川・長崎・新潟・兵庫の開港と江戸・大坂の開市、通商は自由貿易とされています。

 ここで神奈川とは東海道神奈川宿周辺と捉えられ、各国は周辺に領事館や公使館を設置します。しかし幕府は人の往来の激しい街道筋に外国人が居住して事件が発生することを恐れます。各国と調停不調のままに約束の期限の3カ月前に、独断で辺鄙な横濱村を開港場と決定します。

 準備は多々ありますが、東海道筋と開港場を如何に結ぶかも大きな課題でした。そこで埋立地の先端を結ぶ横濱道を造成することにします。

 現横浜駅西口の西数100mを通過し、現在も辿れます。往時の様子は五雲亭貞秀の横浜絵で窺えます。変り様を比較するのも興味深いと思います。

  武相二万歩ホームページ

  #四次元的路上観察 #武相二万歩 #横浜 #横浜道 #神奈川 

 

| | | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

鎌倉道中道(新橋~上柏尾)

 鎌倉道中道の新橋(いたち川)から上柏尾(国道1号)までの中間まとめです。距離は約8.5km、小高い丘の尾根道の筈で、それらしい道筋が残ります。しかし大規模開発による団地内を進むことも少なくありません。
  01_2022042923310107_20220430082001

 いたち川は相武尾根の西側に端を発し、大船の北側で柏尾川に合流します。「出で立ち川」の転訛とも云われ、鎌倉の北の外れです。鎌倉道中道は新橋(にいばし)で川を超えますが、北詰で戸塚方面(西浦賀道)と弘明寺方面(鎌倉道)に分かれます。
  02_2022042923310103_20220429233101

 吾妻鏡に「七瀬の祓」が何度か記録されています。元は朝廷の公事の一つで、天皇の災禍を負わせた人形を、勅使七人が七カ所の瀬に持参、祓をして流します。鎌倉幕府も準じて行ないますが、その一カ所がいたち川です。

 また鎌倉年中行事に「公方様御発向」が記録されています。1416(応永23)年、上杉禅秀の乱を鎮めるために足利持氏は出立します。吉日を選び、いたち川に至って昼休み、吉例により「御酒三献御湯漬參」、装束を改めます。御酒三献とは神式の結婚式の三々九度に残りますが、祝宴を行ったということでしょう。装束改めは、威儀を正して進んできて、ここで旅装に変えたということでしょう。

 證菩提寺は新橋の少し上流側、石橋山の戦いで源頼朝の身代わりで戦死した佐奈田与一の菩提を弔うため、頼朝建立と伝わります。
  04_20220429233101

 上柏尾で中道と旧東海道が交差します。付近の王子神社は、ご由緒に護良親王の御首を本殿下に埋葬したとあり、近くに首洗い井戸もあります。
  05_20220429233101

 途中の史跡は追ってまとめます。鎌倉道は鎌倉に近付く方向で歩くのが筋だと思います。いずれ一気に。

参考 「全譯吾妻鏡」 永原慶二 新人物往来社
   「群書類従・第二十二輯」 塙保己一 平凡社
   「轍 Wadachi ソフトウェア 公式サイト」

  (2022年4月29日記録)

  #四次元的路上観察 #武相二万歩 #大鎌倉 #鎌倉道 #中道 #いたち川 

| | | コメント (0)

2022年4月 3日 (日)

金沢権現山公園(円通寺客殿)

 相模国鎌倉郡渡内村(現藤沢市)の名主・福原高峰は、江戸時代末の1839(天保10)年に「相中留恩記略」がを編纂します。相中とは相模国を指しますが、武蔵国金沢(現横浜市)の、御宮、瀬戸明神者、瀬戸橋、竜源寺、塩焼場、名主団右衛門、称名寺、能見堂に言及します。

 御宮についての言及を抜粋すれば、『御宮は社家分村の内、小名引越にある円通寺の境内、岩山に祀り奉る。万治年中、八木次郎右衛門殿、此辺の代官たりし時、岩を切り開き勧請し奉り、御供料七石を寄附し奉りといふ。・・・・・・円通寺は天台宗にて、江戸浅草東光院の末、日輪山と号す。開山高栄は寛文二年二月遷化す。御別当なり。』となります。

 御宮とは東照宮のこと。この地に東照宮が祀られるようになった経緯は定かでないようです。しかしながら徳川家康が関が原の戦い直前の1600(慶長5)年、大阪から江戸に戻る途中、後に金沢八景と称される景勝の地・金沢を遊覧して景色を気に入り、大御所になってからも駿府から江戸に赴く際には金沢に立ち寄ったと云われます。

 円通寺は別当寺で、その客殿は御宮を詣でる上客を迎える建物として利用されたと考えられています。「げんかん」「げんかんざしき」「おくざしき」「ひろま」といった接客用の場を南側に、「だいどころ」など生活の場を北側にまとめています。華美にはしらず、落ち着いた空間にまとめられています。
03_2022040317070104_2022040317070107_20220403170701

 建築年代についての確かな資料はないようですが、様式・技法から江戸時代後期か末期と推定できるようです。

 客殿の前から高見に上ると、現休憩デッキ付近に「御宮」があり、その前に急な階段が配置されていたようです。
06_20220403170701 05_20220403170701

 円通寺客殿の背後の山を権現山、それに続く御伊勢山と云いますが、フェンスで閉ざされていて通行不能です。南側の上行寺辺りから入ることになります。以前に入ったときは小径が付いている程度で、所々に何かがあるような状態でしたが、詳しく調べていません。いずれ変化しているか否かを観察に行ってみます。
01_20220403170701

 京浜急行金沢八景駅西側、高架駅舎の西側階段を下りる途中から公園に接続しています。駅から徒歩一分。見学は無料、管理休憩等に自販機・公衆トイレがあります。
 長いこと修復・整備事業を実施していましたが、2022年4月2日から公開されています。

#武相二万歩 #大鎌倉 #武蔵 #六浦 #金沢 #権現山 #円通寺 #相中留恩記略

| | | コメント (0)

2022年3月21日 (月)

BankART KAIKO「都市デザイン横浜展」鑑賞、影は?

 良く街歩きするので、この企画展で取り上げられた現地の様子はある程度承知しています。総じて光の部分が取り上げられ、影の部分の言及はありません。ここで云う影とは、抽象的な影であり実際の影です。
 Img_3693 

 会場中央に横浜市中心部のジオラマが据えられています。豆粒ほどの自宅が確認できるほど丁寧に作り込んだものです。何代もこの地で生活してきて、勝手に中心部になった感じはあります。かつて横浜湾奧にあった三菱
造船所が移設、その跡にみなとみらい地区が開発されて、中心部に躍り出た訳です。この辺りは東海道線沿線の住宅密集地で、造船所に通勤する人たちで賑わう小さな飲食店なども連なっていました。
 何時の頃だったか用途地域指定変更で中層ビルが建ち始め、個人と資本が入り混じるようになりました。今は空地も目立ち、企業買い占めの印象があります。個人商店は徐々に店じまい、住民の老齢化も進んで限界集落の様相を呈しています。地域共同体は継続できるのか、これは抽象的な影です。
 Img_3694

 実際の影とは。最近、高層ビルの作り出す影の多い街になったとの思いを強くしています。
 例えば、旧横浜市庁舎跡に180mだかの高層ビルが建つようです。写真にビルの高さを推定して白線で追記していますが、写真上端をさらにはみ出します。冬至の太陽南中高度は30度少々ですから影は240mほどで横浜公園を被うでしょう。公園の花壇・遊び場から見てビルの位置は西南西で、午後の遅くに影が延びて夕方が早く来るようなものでしょう。ビルは敷地の南側に建つようで、北側の関内駅との間は広場にでもなるのでしょうが、日当たりは確保、影は敷地外でしょうね。旧市庁舎も殆ど影にならないでしょう。
 ベイスタジアムも、コロナに打ち勝った証のスタンド増設、ほとんど利用されないデッキ建設で殺風景になりました。
 Img_3420 Img_3419

 企画展の一部あるいは全部の写真は、周囲の様子で今冬の、影の延び具合から昼過ぎに撮影したことでしょう。写真にビルの影を白線で枠取りしました。随分長く、そして人々が憩う部分を被います。
 現在、赤レンガ倉庫の西側に、地上7階・高さ35m強の(仮称)横浜地方合同庁舎を建設中です。赤レンガ倉庫広場に影が届くでしょう。それだけでなく、万国橋から赤レンガ倉庫方面への景観を潰します。
 Img_3696Img_3698

 観光客や市民の憩いの場を影で覆ったり、景観をぶち壊してどうするの。カジノ計画中止は良いとして、時に何もしないことも重要ですが、政治・行政は何かすることが、強いて言えば金をつかうのが好きなようです。人口減は避けられませんし、我慢できるものは我慢する。良い未来のために重要でしょう。

  (2022年3月21日記録)

 

| | | コメント (0)

2022年3月18日 (金)

伝源範頼の墓

 伝源範頼の墓があるのは、横浜市金沢区片吹の太寧寺です。京急線金沢文庫駅と能見台駅間の西側に位置する小寺です。墓は本堂左手にあります。何度か行きましたが参拝する人も見かけず、ひっそりとしています。由緒については寺前の案内を次に引用します。
 01_20220318155601 02_20220318155601

 『鎌倉初期の武将源範頼は、源義朝の六男で、源頼朝の弟です。範頼は義経と同様に兄頼朝に疑われ、伊豆修禅寺に幽閉され、梶原景時らの討手を受け最期を遂げたことになっていますが、太寧寺の寺伝では鉈切まで逃れて、海に向いて建つ太寧寺へ入って自害したとされています。
 太寧寺は、はじめ瀬ヶ崎一七二春地(現、関東学院大学付属小学校々地内)にありましたが、昭和十八年、追浜飛行場拡張工事のため、現在地に移転し、裏山にあった伝源範頼の墓も、これに伴い移りました。
 また、太寧寺の名は範頼の法名「太寧寺殿道悟大禅定門」から付けられたもので、同寺には、範頼公の位牌や画像などが寺宝として遺されています。』

 ここで鉈切の地は武相国境の東端、瀬ケ崎が海に落ち込む辺りで横浜市金沢区になります。後に金沢八景と称される風光明媚な地であったと推察できます。未確認ですが、範頼は蒲冠者と呼ばれていましたが、助けてくれた人に「蒲」の使用を許したことから、周辺には「蒲」や「蒲谷」姓が多いそうです。
 03_20220318155601

 追浜飛行場は海を挟んで横須賀市になりますが、帝国海軍航空発祥の地です。跡地は日産自動車株式会社追浜工場になっています。周辺には予科練誕生の地などの戦跡が多いです。
 04_20220318155601 05_20220318155601

  参考:新編鎌倉史(新編相模国風土記稿. 第6巻 / 蘆田伊人 編集校訂)
 
  (2022年3月18日記録)

  #四次元的路上観察 #武相二万歩 #大鎌倉 #横浜市 #金沢 #源範頼 #太寧寺 #戦跡


| | | コメント (0)

2022年3月 8日 (火)

富岡総合公園(旧横浜海軍航空隊跡地)

 富岡総合公園(横浜市金沢区富岡東)は、旧横浜海軍航空隊(飛行艇隊)跡地に立地しますが、跡地は公園以外に利用されている部分もあります。

 国道16号を折れて、海側に下る道路に隊門跡が残ります。この前方右手に公園が広がり、左手高台に北台展望台があります。
  01_20220308181901

 さらに下って平地になった左手に神奈川県警察機動隊が立地、その中の大きな倉庫上の建物は、航空隊第三格納庫でした。戦時中の建物が現存するのは、横浜大空襲の戦火はここまでは及ばなかったのか、攻撃対象からは外されたのか。
  02_20220308183801

 公園には路上観察で何回も来ていますが、今回は隅を回って戦時中の遺物を探しました。路上観察に含めるか否かは分かりませんが、一帯の特徴を示すものですから触れない訳にはいかないでしょう。

 南側敷地境界で境界杭を見つけました。4・5本でしたが、境界は長いのでもっとあって良さそうなものです。埋もれてしまったか、端から無いものかは分かりません。
  03_20220308182001

 機動隊敷地に対面する崖に、塞がれていますが防空壕と思われる痕跡がいくつも残っています。防空壕は死語かも知れません。痕跡は、崖を注意深く観察すれば容易にみつかります。
  04_20220308182001

 通路から少し入った藪に何かわからない構造物がありました。新しそうなので、戦時中の遺物ではなさそうです。落ち葉が深く積もる所もありますので、棒切れ持参で探りながら進むことが必要そうです。
  05_20220308182001

  参考:「横浜金沢の戦跡」 横浜金沢の戦跡を調査する会 2012年7月

  #四次元的路上観察 #武相二万歩 #大鎌倉 #横浜市 #金沢 #富岡 #戦跡

| | | コメント (0)

2022年3月 6日 (日)

大庭御厨:藤沢市の神明社

 藤沢本町駅から大庭城址まで、藤沢市中央部の路上観察を実施しました。先日の茅ケ崎神明社巡りの続きのつもりです。

Photo_20220306133001

 皇大神宮は、通称を神明宮、烏森神社とも称され、土甘郷総鎮守と称されます。土甘はとがみ、藤沢の古名の砥上が原に通じます。住所は鵠沼神明2丁目で、海岸近くが鵠沼と思っていましたが意外と広い。旧東海道を西に進めば、遊行寺を出てから北に膨れ、神宮の少し北側を通過しますが、江戸時代でもまだ湿地が広がっていたという事でしょうか。

01_20220306132701 02_20220306132701

 万福寺の山号は鵠沼山、山号に地名の付く寺院は古くからあるという事か、気になっています。近くに首塚、空乗寺、すぐに引地川。

03_20220306132701 04_20220306132701 05_20220306132801

 引地川は深いコンクリート護岸で風情に欠けますが、緑道や親水公園が設けられています。桜は咲き始め、散歩に良い季節です。4・50分歩くと、大庭城址の丘陵が見えてきます。写真では見えませんが、左側に大山が見えます。

06

 大庭神社は式内社、雰囲気はありますが少し寂れている感じ。

07_20220306132801 08_20220306132801

 右岸に渡り戻るように進むと舟地蔵、名前の通り地蔵が舟に乗っています。旗などが靡いて今も信仰が続くと伺わせます。

09_20220306132901 10_20220306132901

 大庭神社旧跡は訪れる人も無さそうで、ひっそりしています。すっかり公園になっていて、古に思いを馳せるにはかなりの飛躍が必要そうです。

11_20220306133001 12_20220306134701 13_20220306133001

 付近の神明社で、神明社(城の神明)は外し、芙蓉神明社はどう見てもゴルフ場内にあって入れそうになく、大庭神明社は前回参拝したので今回は寄りませんでした。西俣野はサバ神社巡りあるいは御霊神社巡りに含めた方がよさそうです。

 路上観察としては、藤沢本町周辺と大庭城址周辺は分けた方がようさそうです。藤沢本町周辺は遊行寺を含めて藤沢宿で見所は多いです。大庭城址は公園になっていて城の雰囲気は喪失しています。周辺にもう少し見所を見つけないと。

   #四次元的路上観察 #武相二万歩 #大鎌倉 #大庭御厨 #藤沢市 #神明社 #大庭城址

| | | コメント (0)

2022年3月 4日 (金)

大庭御厨:茅ケ崎市の神明社

  大庭御厨は、鎌倉権五郎景正が大庭郷内の山野を拓いて伊勢神宮(内宮)に寄進しました。その範囲は藤沢市大庭周辺と思っていました。調べると藤沢市・茅ケ崎市・寒川町に及ぶので、範囲修正して観察するつもりです。多少記録漏れがありますが、旧鎌倉郡西部から西側の観察実績です。中央の空白部分に大庭城址があります。

  Photo_20220304021301

 先日、茅ケ崎市内を歩きました。土地勘も手掛かりもないので、伊勢神宮の荘園ということで神明宮を辿ってみました。次の五社を一回り、約13kmでした。寄り道はしませんでしたが、道筋で他の観察もしました。

  1.神明大神 茅ケ崎市赤羽根468
  2.神明大神宮 茅ヶ崎市円蔵2282
  3.神明宮  茅ケ崎市十間坂3-11-41
  4.神明社  茅ケ崎市下町屋1-6-19
  5.神明神社 茅ケ崎市松尾3-24

  Dsc_0081 Dsc_0104 Dsc_0122

  Dsc_0138 Dsc_0143

  Photo_20220304014701

 ご由緒の案内は、3.神明宮と5.神明神社はありませんでした。2.神明大神宮は関連の案内もあり、頼朝が欧州攻撃に際して意見を求めた大庭景能の像もありました。

  Dsc_0109

 知らない土地はまず歩くことが手始めで、そのうち公共交通利用の知恵も付くでしょう。

   #四次元的路上観察 #武相二万歩 #大鎌倉 #大庭御厨 #茅ケ崎市 #神明社

| | | コメント (0)

«大鎌倉を辿る:太寧寺のへそ藥師